新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トップバリスタの技を自宅で再現——スマートコーヒーメーカー「iDrip」

専用ドリップバッグのバーコードを読み込むだけで、世界のバリスタの技を再現できるスマートコーヒーメーカー「iDrip」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

iDripには世界の13人のプロバリスタが参画。各バリスタが監修した専用ドリップバッグごとに、豆の種類や焙煎の程度、それに適した「注水速度」や「注水量」、「注水回数」、「断水時間」がデータ化されて、クラウドに保存されている。

photo

淹れたいコーヒードリップバッグを選び、パッケージのバーコードを読み取ることで、データがクラウドから呼び出され、プロバリスタの淹れ方をiDripが再現してくれる。

photo

iDripは、独自注水ノズル技術を搭載。芸術的なプロダクトデザインにもこだわっている。また専用アプリによって、スマートフォンからiDripの状態や、バリスタおよびコーヒーに関する情報を確認することができる。

photo
photo

iDripの本体サイズは、19×19×47cm、重量が7.8kgで消費電力は1200Wだ。本体カラーはブラック、ブラウン、レッド、ゴールド、ホワイトの5色で展開する。

photo

バリスタセレクトのコーヒーバッグセットには、世界チャンピオンのバリスタが監修した「TOP」や、世界大会ファイナリストによる「Grand」など4種類が用意されている。

photo

支援およびリターンは、先着5名限定の46%OFFで7万3224円、25名限定の43%OFFで8万784円(いずれも税込み)などが用意されている。プロジェクトはAll-in型で、目標金額は100万円。2019年6月28日まで支援を募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る