新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MBC試作ファンド、導電性ナノインク開発の大学発ベンチャー「C-INK」へ投資

Darma Tech Labsが運営するMakers Boot Campは、「導電性ナノインク」を開発/製造するC-INKに対し「MBC試作ファンド(MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合)」から投資した。

C-INKは、導電性ナノインクに用いるプリンターの共同開発/改良も手がけるなど、素材から応用に至る幅広い知見を有する。

今後は、Makers Boot Campからの技術支援を受けながら、自社インク用各種印刷関連技術の開発に注力し、不純物の少ないインクを製造するノウハウと共に実用化を目指す。

導電性ナノインクの適応範囲は多岐にわたり、従来の電子基板だけでなく、フレキシブルデバイスへの高機能化や低コスト化が可能な素材として注目される。フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連製品の世界市場規模は3.3兆円(2017年)で、2030年の市場は8.9兆円に成長すると予測される。(富士キメラ総研調べ)

C-INKの銀ナノインク

イングランド/アメリカ/ドイツなど、世界中でプリンテッドエレクトロニクスの技術開発が進められており、IoTの利用拡大に伴い、直接肌に貼る医療系生体センシング機器や生体情報を集めるウェアラブルデバイスなど、プリンテッドエレクトロニクスの適用可能範囲は今後も拡大傾向にあると推察している。

導電性ナノインクを用いたフレキシブル基板は、スマートフォンやさまざまな素材などへの利用が可能で、高い柔軟性を示すなど応用範囲も広がっている。

また、ナノ金属粒子を用いたナノインクは極めて金属純度が高く、高い導電率を可能としている。金属酸化が表面のみに留まるため、抵抗率の大きな経時劣化もみられない。

従来のナノインクと比べ、不純物といえる有機物を極限までカットしたため、必要最小限の高温焼結や安定したインク状態を可能としたことに加え、クラック発生リスクも低下している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る