新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで動くホビー向け組み立て式ロボットアーム「PiArm」

Raspberry Piで動くホビー向け組み立て式ロボットアーム「PiArm」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

PiArm
PiArm

PiArmは、6自由度のフルメタルロボットアーム。サーボ制御ボードを含むキットで、Raspberry Piのどのモデルでも使うことができる。アームの長さは260mm。キットに含まれるグリッパーを取り付けた場合、伸展状態の長さはベースプレート底部からグリッパー先端部までが430mmだ。アームのコントロールは、ジョイスティック、ラップトップPC、スマートフォン、タッチスクリーンから行う。

PiArm
PiArm

PiArmは、グリッパーを使ったピックアンドプレース動作のほか、サーボ制御ボードに搭載されている超音波/赤外線センサーサポート機能を利用し、センサーによる物品の検知や自動搬送なども可能だ。サーボモーターの作動状態は、LEDインジケーターで確認できる。また、オプションのスピーカーから音楽を流し、ダンスのような動作をさせることもできる。

PiArmは精密ポテンショメーターを搭載しているので、動作をプログラムする代わりに、産業用ロボットのように、ロボットアームを手で直接動かして動作を教える直接教示(ダイレクトティーチング)も可能だ。

PiArm
PiArm

PiArmは、ハードウェア/ソフトウェア共にオープンソース。プログラムはPythonで書かれており、ソフトウェアライブラリーも提供される。

PiArmの早期割引価格は、サーボ制御ボードとソフトウェア導入済み16GB MicroSDカード付きのキットが199ポンド(約2万9000円)。5インチタッチスクリーンLCDとスピーカーを含むキットは339ポンド(約4万9000円)で、7インチタッチスクリーンLCDとスピーカーを含むキットは359ポンド(約5万3000円)だ。いずれのキットもRaspberry Piは含まれないが、追加料金35ポンド(約5100円)でRaspberry Pi 3 Model B+(ケース付き)を追加できる。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は45ポンド(約6500円)だ。

PiArmは5000ポンド(約73万円)を目標に、2019年4月26日までクラウドファンディングを実施する。2019年4月1日時点で、既に目標額を上回る約5200ポンド(約75万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る