新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながらプログラミングスキルが身につく——電脳サーキットシリーズ第9弾「電脳サーキット プログラミング」の予約販売を開始

サイエンス玩具研究所は、自作の電子回路を制御するサイエンス玩具「電脳サーキット プログラミング」の予約販売を開始した。

同製品は、パーツを組み立てることで電子回路による実験ができる「電脳サーキット」シリーズの第9弾にあたる。「中身が見えるコンピューター」としてワンボードマイコンを搭載しており、遊びながらプログラミングやコーディングの基礎を身につけられる。

コーディング用のArduino IDEやファイルは公式サイトからダウンロード可能だ。ワンボードマイコンとPCを接続し、ダウンロードしたファイルから該当するテンプレートプログラム(実験内容)を選んでマイコンに送信すると、指示した通りに電子回路が動作する仕組みだ。

テンプレートプログラムは点滅ライトや距離センサーなど全18種を用意しており、全て無料で利用できる。各コマンドの意味や使い方は行毎にコメントで解説されており、プログラムを自分で書き換えることで、制御や動作(点滅する秒数など)がどう変化するかも学習できる。

サイズはベース基板が195×138mm、パッケージサイズが290×185×50mm。推奨年齢は12歳以上だが、普段パソコンを利用していれば推奨年齢以下でも問題ない。対応OSはWindows7/MacOS10.8以上で、スマホやタブレットには対応していない。

価格は1万692円(税込)。2019年4月8日から順次発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る