新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながらプログラミングスキルが身につく——電脳サーキットシリーズ第9弾「電脳サーキット プログラミング」の予約販売を開始

サイエンス玩具研究所は、自作の電子回路を制御するサイエンス玩具「電脳サーキット プログラミング」の予約販売を開始した。

同製品は、パーツを組み立てることで電子回路による実験ができる「電脳サーキット」シリーズの第9弾にあたる。「中身が見えるコンピューター」としてワンボードマイコンを搭載しており、遊びながらプログラミングやコーディングの基礎を身につけられる。

コーディング用のArduino IDEやファイルは公式サイトからダウンロード可能だ。ワンボードマイコンとPCを接続し、ダウンロードしたファイルから該当するテンプレートプログラム(実験内容)を選んでマイコンに送信すると、指示した通りに電子回路が動作する仕組みだ。

テンプレートプログラムは点滅ライトや距離センサーなど全18種を用意しており、全て無料で利用できる。各コマンドの意味や使い方は行毎にコメントで解説されており、プログラムを自分で書き換えることで、制御や動作(点滅する秒数など)がどう変化するかも学習できる。

サイズはベース基板が195×138mm、パッケージサイズが290×185×50mm。推奨年齢は12歳以上だが、普段パソコンを利用していれば推奨年齢以下でも問題ない。対応OSはWindows7/MacOS10.8以上で、スマホやタブレットには対応していない。

価格は1万692円(税込)。2019年4月8日から順次発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る