新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボット製作に関する知識/技能レベルを評価する「ロボット検定 for EV3」開催

中央出版はロボット科学教育と共同で、レゴブロックを使ったプログラミング教室「Kicks」を開講している。同スクールは検定試験「ロボット検定 for EV3」の認定校で、2019年4月に開催される第1回検定を受験可能だ。

ロボット検定 for EV3の対象は小学生以上高校生まで。プログラミング(センサー制御、条件分岐、変数など)や、ロボット全般に関しての知識/実技問題が出題される。

学習成果を認定するグレードは5つ(3級/準2級/2級/準1級/1級)に分かれており、1級ではC言語の課題も出題される。

検定に合格することで学習到達度の指針となり、自分の実力を社会に示す材料の1つにもなる。また上位級を取得することで、中学/高校/大学入試の面接で学習成果のアピールにも活かせる。

試験日は2019年4月21日。中央出版による今回の実施級は3級と準2級のみで、初めての場合は3級からの受験となる。試験時間はどちらも60分で、検定料は3級が3150円、準2級が3650円(各税抜)だ。申込期間は2019年3月21日~4月11日で、ロボット検定公式サイトにて受け付ける。

なお、2019年2回目のロボット検定は10月に実施予定だ。Kicks各教室では教室の無料体験イベントも実施しており、詳しくはKicks公式サイトに掲載している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る