新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンパクトサイズでフルカラー造形できる——FFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Color mini」

XYZプリンティングジャパンは、3Dカラージェット技術を搭載したFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「ダヴィンチ Color mini」を、2019年4月8日に正式発売する。「ダヴィンチ Color」のコンパクト版という位置づけだ。

photo

ダヴィンチ Color miniは、3Dカラージェット技術の搭載により、フルカラーでの精密なカラーリングも実現するなどダヴィンチ Colorの主な機能を継承している。耐久性の高いステンレスノズルを標準装備しており、オプションの「高硬度エクストルーダー」を使用すると、メタリックPLA、カーボンPLAでの造形も可能だ。また、革や木材、厚紙、プラスチックなどへのレーザー刻印ができる「レーザーモジュール」もオプションで用意している。

photo

水平レベルを自動調整する自動キャリブレーション、取り外し可能なマグネット式プラットフォーム、5インチカラータッチパネル、フィラメントの交換、取り出し、押し込みが容易な自動フィード、仕上がり精度を向上させる温度保持ファンなどを搭載する。

photo

本体サイズは、447×447×541mm(幅×奥行×高さ)、重量は24kg。最大造形サイズは130×130×130mm、積層ピッチは100~400μm、最大造形速度は毎秒170mmだ。接続には、USB2.0、無線LAN、USBメモリーが利用できる。

photo

希望小売価格は、ダヴィンチ Color miniが24万8000円、専用PLAフィラメントが4280円、Color miniインクが9800円(いずれも税抜)で、同社Webサイトや家電量販店、販売代理店、またはAmazon、楽天、ヤフーのECサイトにて販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る