新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Scratch 3.0対応——翔泳社、遊びながらプログラミングが学べる「使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ」発刊

翔泳社は、Scratchプログラミングが初めての人でも、つくりながらプログラミングの基本を学べる「使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ」を、2019年5月17日に発刊する。

Scratchは、MITによって開発された教育用プログラミング環境だ。カラフルなブロックを組み合わせてプログラミングできるため、特に子ども向けのプログラミング教育用として普及している。2019年1月に3.0にバージョンアップされ、Flash Playerが不要になったことで、スマートフォンやタブレットの標準ブラウザのみで実行できるようになった。また、さまざまな外部サービスとの連携など新機能が追加されて、より使いやすくなっている。

本書のテーマは「遊べて使えるScratch」で、「福笑い」や「トントン相撲」、「○×ゲーム」などのテーブルゲームから、写真加工風アプリ、教育用ワンボードマイコン「micro:bit」と連携して遊ぶ作品など、難易度がさまざまな作例を15種用意している。

プログラミング用語や基本操作も学べる内容となっており、ダウンロードして使えるオリジナル素材も付いている。

著者は、倉本大資氏と和田沙央里氏。B5判160ページで、価格が1800円(税別)だ。対象年齢は、11歳以上だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る