新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オライリー・ジャパン、MESH開発者による解説書「MESHをはじめよう」発刊

オライリー・ジャパンは、スマート電子ブロック「MESH」の魅力と使い方を解説する「MESHをはじめよう」を、2019年4月17日に発売する。

MESHは、LEDやボタン、動作、明るさ、GPIOなどの各種センサーや入出力デバイスを組み合わせ、専用アプリでプログラミングすることで、さまざまな仕組みを作製できるスマート電子ブロックだ。

本書では、電子工作やプログラミング初心者をはじめ、プログラミング教育やSTEM教育に関心を持つ親や教育関係者、また企業内でIoTを業務改善や人材育成に活用したいと考える担当者向けに、MESHの基本から応用まで詳しく解説する。

photo

基礎編として、MESHの仕組みや基本的な使い方、GPIOブロックを使った電子工作、インターネットとの接続などを解説。加えて、MESHを使った授業やワークショップの組み立て方、オリジナルのブロックの作成、他の電子回路との連携などの応用部分まで解説する。

著者は、ソニーのMESHプロジェクトリーダーでMESH開発者の萩原丈博氏と、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)教授の小林茂氏。A5判、400ページで定価が2592円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る