新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トランジスタ技術5月号との連動企画——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」発売へ

ビット・トレード・ワンはトランジスタ技術との連動企画として、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」(型番:ADCQ1904)を2019年4月10日に発売予定だ。

トランジスタ技術2019年5月号に付属するPSoC搭載基板「TSoC」を、同ボードに取り付けることでRaspberry Pi拡張基板として利用可能だ。データロガーやアナログセンサーを使った監視システムやモーターを使用し、可動ロボなども作成できる。なお、TSoC基板の取り付けには、はんだ付けが必要となる。

アナログ入力×4には端子台が用意されており、はんだ付け無しでの接続が可能。I2C接続の小型液晶を基板上に搭載しているため、計測結果を迅速に把握できる。ブザーやボリューム、タッチセンサーを基板上に搭載し、拡張コネクターとしてGroveコネクター×1とユニバーサルエリアも用意した。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B。寸法は56×64×20mm、重量は約26gだ。

保証書のほかにUSBシリアル変換アダプター、接続用ピンヘッダー(はんだ付けが必要)、ネジセットが付属する。使用方法に関しては、トランジスタ技術2019年5月号以降の記事にて解説予定だ。

別製品として、トランジスタ技術連載記事掲載のブレッドボード実験用セットも併せて発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る