新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トランジスタ技術5月号との連動企画——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」発売へ

ビット・トレード・ワンはトランジスタ技術との連動企画として、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」(型番:ADCQ1904)を2019年4月10日に発売予定だ。

トランジスタ技術2019年5月号に付属するPSoC搭載基板「TSoC」を、同ボードに取り付けることでRaspberry Pi拡張基板として利用可能だ。データロガーやアナログセンサーを使った監視システムやモーターを使用し、可動ロボなども作成できる。なお、TSoC基板の取り付けには、はんだ付けが必要となる。

アナログ入力×4には端子台が用意されており、はんだ付け無しでの接続が可能。I2C接続の小型液晶を基板上に搭載しているため、計測結果を迅速に把握できる。ブザーやボリューム、タッチセンサーを基板上に搭載し、拡張コネクターとしてGroveコネクター×1とユニバーサルエリアも用意した。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B。寸法は56×64×20mm、重量は約26gだ。

保証書のほかにUSBシリアル変換アダプター、接続用ピンヘッダー(はんだ付けが必要)、ネジセットが付属する。使用方法に関しては、トランジスタ技術2019年5月号以降の記事にて解説予定だ。

別製品として、トランジスタ技術連載記事掲載のブレッドボード実験用セットも併せて発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る