新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トランジスタ技術5月号との連動企画——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」発売へ

ビット・トレード・ワンはトランジスタ技術との連動企画として、Raspberry Pi用ハードウェアアクセラレート基板「PiSoC」(型番:ADCQ1904)を2019年4月10日に発売予定だ。

トランジスタ技術2019年5月号に付属するPSoC搭載基板「TSoC」を、同ボードに取り付けることでRaspberry Pi拡張基板として利用可能だ。データロガーやアナログセンサーを使った監視システムやモーターを使用し、可動ロボなども作成できる。なお、TSoC基板の取り付けには、はんだ付けが必要となる。

アナログ入力×4には端子台が用意されており、はんだ付け無しでの接続が可能。I2C接続の小型液晶を基板上に搭載しているため、計測結果を迅速に把握できる。ブザーやボリューム、タッチセンサーを基板上に搭載し、拡張コネクターとしてGroveコネクター×1とユニバーサルエリアも用意した。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B。寸法は56×64×20mm、重量は約26gだ。

保証書のほかにUSBシリアル変換アダプター、接続用ピンヘッダー(はんだ付けが必要)、ネジセットが付属する。使用方法に関しては、トランジスタ技術2019年5月号以降の記事にて解説予定だ。

別製品として、トランジスタ技術連載記事掲載のブレッドボード実験用セットも併せて発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る