新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiをHi-Fiオーディオプレーヤーに変えるサウンドカード「DACBerry ONE+」

Raspberry Pi用Hi-Fiサウンドカード「DACBerry ONE+」がKickstarterで支援者を募っている。

DACBerry ONE+は、384kHz/32bitのハイレゾリューションオーディオ対応HATボード。以前fabcrossで紹介した「DACBerry ONE」の改良版だ。

DACBerry ONE+

DACBerry ONE+は、Raspberry Pi A+/B+/3B/3B+などに対応。Raspberry Piにマウントしてヘッドフォン、アクティブスピーカー、アンプなどを接続すれば、Raspberry PiをHi-Fiオーディオプレーヤーとして使える。

DACBerry ONE+

DACBerry ONE+では従来の機能や特徴に加え、オシレーター周りが強化されており、独自のSDBインターフェースが新たに追加されている。SDBとは音声信号とデータ信号を同じバスで転送できるようにしたもので、I2S (Inter-IC Sound)規格をサポートしている。また、SPDIFトランシーバーWM8804の設定(ハードウェア/ソフトウェアモード、マスター/スレーブ、AIF/SPDIF Rxモード、MCLK選択)をジャンパーで切り替えられるようになった。

DACBerry ONE+

サウンドカード単体の他に、Raspberry Pi 3 A+、1.3インチ有機ELディスプレイ、透明アクリルケースをセットにした「Media player kit」も用意されている。DACBerry ONE+は赤外線センサーを搭載しているので、リモコン操作も可能な小型Hi-Fiオーディオプレーヤーを作ることができる。

DACBerry ONE+の早期割引価格は69ユーロ(約8700円)で、Media player kitは149ユーロ(約1万9000円)。出荷は2019年4月の予定で、日本への送料は9ユーロ(約1100円)だ。

DACBerry ONE+は1万ユーロ(約125万円)を目標に、2019年4月26日までクラウドファンディングを実施。2019年4月8日時点で、約7200ユーロ(約90万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る