新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み込みシステムからIoT、クラウドまでサポート——プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」発売

アイ・エル・シーは、プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」を発売した。

同製品は、組み込みからIoT、クラウドまでの各システム向けソフトウェア試作開発用のプロトタイピング開発キットだ。ハードウェアとソフトウェアのセットで構成され、各システム向けのソフトウェア作成から動作検証までを実施できる。

ハードウェアにはRaspberry Piを採用。LCDタッチスクリーン、SenseHATボードと、同社から提供されるMicroSDをセットすることで使用できる。

また、ソフトウェアとしてはRaspberry Pi、SenseHATの各種I/OにアクセスするためのC言語ライブラリ、mruby、MicroPythonのI/Fやソフトウェア開発環境、各種サンプルプログラムを用意する。

さらに、ハードウェアやOSの違いを吸収し、IoTには不可欠なシームレスかつセキュアな通信を保証するスマートエンベディットプラットフォーム(SEP)を搭載。これまでインターネットやクラウドにつながっていなかった各種I/Oや機器をIoT化し、クラウドから制御するシステムのプロトタイピング開発も可能だ。

各システム向けプロトタイピング開発ツールやサンプルは、同社がクラウド上で展開するECサイト「ILC STATION」経由で無料ダウンロードして使用できる。

組み込みGUI開発環境「GENWARE3」、スマートデバイス連動GUI開発環境「GENWARE AIR」、組み込みソフトPLC「INTALOGIC5」などの開発支援環境群も用意する。

組み込みターゲット機の性能に合わせた動作確認も可能で、ILC AIR Kit共通ハードウェアのCPU動作クロックを調整できる。他社の各種センサーやコントローラー、カメラなどさまざまなデバイスと接続した上での試作も可能だ。

販売価格は9万8000円(税抜、送料別)で、ソフトウェアとハードウェアのセット販売となる。

なお、プロトタイピング開発後の商品開発向けに、IoT対応ソフト開発環境「ILC AIR Series」もリリース予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る