新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み込みシステムからIoT、クラウドまでサポート——プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」発売

アイ・エル・シーは、プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」を発売した。

同製品は、組み込みからIoT、クラウドまでの各システム向けソフトウェア試作開発用のプロトタイピング開発キットだ。ハードウェアとソフトウェアのセットで構成され、各システム向けのソフトウェア作成から動作検証までを実施できる。

ハードウェアにはRaspberry Piを採用。LCDタッチスクリーン、SenseHATボードと、同社から提供されるMicroSDをセットすることで使用できる。

また、ソフトウェアとしてはRaspberry Pi、SenseHATの各種I/OにアクセスするためのC言語ライブラリ、mruby、MicroPythonのI/Fやソフトウェア開発環境、各種サンプルプログラムを用意する。

さらに、ハードウェアやOSの違いを吸収し、IoTには不可欠なシームレスかつセキュアな通信を保証するスマートエンベディットプラットフォーム(SEP)を搭載。これまでインターネットやクラウドにつながっていなかった各種I/Oや機器をIoT化し、クラウドから制御するシステムのプロトタイピング開発も可能だ。

各システム向けプロトタイピング開発ツールやサンプルは、同社がクラウド上で展開するECサイト「ILC STATION」経由で無料ダウンロードして使用できる。

組み込みGUI開発環境「GENWARE3」、スマートデバイス連動GUI開発環境「GENWARE AIR」、組み込みソフトPLC「INTALOGIC5」などの開発支援環境群も用意する。

組み込みターゲット機の性能に合わせた動作確認も可能で、ILC AIR Kit共通ハードウェアのCPU動作クロックを調整できる。他社の各種センサーやコントローラー、カメラなどさまざまなデバイスと接続した上での試作も可能だ。

販売価格は9万8000円(税抜、送料別)で、ソフトウェアとハードウェアのセット販売となる。

なお、プロトタイピング開発後の商品開発向けに、IoT対応ソフト開発環境「ILC AIR Series」もリリース予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  7. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  8. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  9. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  10. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る