新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み込みシステムからIoT、クラウドまでサポート——プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」発売

アイ・エル・シーは、プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」を発売した。

同製品は、組み込みからIoT、クラウドまでの各システム向けソフトウェア試作開発用のプロトタイピング開発キットだ。ハードウェアとソフトウェアのセットで構成され、各システム向けのソフトウェア作成から動作検証までを実施できる。

ハードウェアにはRaspberry Piを採用。LCDタッチスクリーン、SenseHATボードと、同社から提供されるMicroSDをセットすることで使用できる。

また、ソフトウェアとしてはRaspberry Pi、SenseHATの各種I/OにアクセスするためのC言語ライブラリ、mruby、MicroPythonのI/Fやソフトウェア開発環境、各種サンプルプログラムを用意する。

さらに、ハードウェアやOSの違いを吸収し、IoTには不可欠なシームレスかつセキュアな通信を保証するスマートエンベディットプラットフォーム(SEP)を搭載。これまでインターネットやクラウドにつながっていなかった各種I/Oや機器をIoT化し、クラウドから制御するシステムのプロトタイピング開発も可能だ。

各システム向けプロトタイピング開発ツールやサンプルは、同社がクラウド上で展開するECサイト「ILC STATION」経由で無料ダウンロードして使用できる。

組み込みGUI開発環境「GENWARE3」、スマートデバイス連動GUI開発環境「GENWARE AIR」、組み込みソフトPLC「INTALOGIC5」などの開発支援環境群も用意する。

組み込みターゲット機の性能に合わせた動作確認も可能で、ILC AIR Kit共通ハードウェアのCPU動作クロックを調整できる。他社の各種センサーやコントローラー、カメラなどさまざまなデバイスと接続した上での試作も可能だ。

販売価格は9万8000円(税抜、送料別)で、ソフトウェアとハードウェアのセット販売となる。

なお、プロトタイピング開発後の商品開発向けに、IoT対応ソフト開発環境「ILC AIR Series」もリリース予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る