新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み込みシステムからIoT、クラウドまでサポート——プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」発売

アイ・エル・シーは、プロトタイピングキット「ILC AIR Kit」を発売した。

同製品は、組み込みからIoT、クラウドまでの各システム向けソフトウェア試作開発用のプロトタイピング開発キットだ。ハードウェアとソフトウェアのセットで構成され、各システム向けのソフトウェア作成から動作検証までを実施できる。

ハードウェアにはRaspberry Piを採用。LCDタッチスクリーン、SenseHATボードと、同社から提供されるMicroSDをセットすることで使用できる。

また、ソフトウェアとしてはRaspberry Pi、SenseHATの各種I/OにアクセスするためのC言語ライブラリ、mruby、MicroPythonのI/Fやソフトウェア開発環境、各種サンプルプログラムを用意する。

さらに、ハードウェアやOSの違いを吸収し、IoTには不可欠なシームレスかつセキュアな通信を保証するスマートエンベディットプラットフォーム(SEP)を搭載。これまでインターネットやクラウドにつながっていなかった各種I/Oや機器をIoT化し、クラウドから制御するシステムのプロトタイピング開発も可能だ。

各システム向けプロトタイピング開発ツールやサンプルは、同社がクラウド上で展開するECサイト「ILC STATION」経由で無料ダウンロードして使用できる。

組み込みGUI開発環境「GENWARE3」、スマートデバイス連動GUI開発環境「GENWARE AIR」、組み込みソフトPLC「INTALOGIC5」などの開発支援環境群も用意する。

組み込みターゲット機の性能に合わせた動作確認も可能で、ILC AIR Kit共通ハードウェアのCPU動作クロックを調整できる。他社の各種センサーやコントローラー、カメラなどさまざまなデバイスと接続した上での試作も可能だ。

販売価格は9万8000円(税抜、送料別)で、ソフトウェアとハードウェアのセット販売となる。

なお、プロトタイピング開発後の商品開発向けに、IoT対応ソフト開発環境「ILC AIR Series」もリリース予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る