新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ホビー向け3軸CNCルーター組み立てキット「LongMill」

ホビー向け3軸CNCルーター組み立てキット「LongMill」がKickstarterに登場し、キャンペーン開始からわずか16時間で目標額を達成するほど人気を集めている。

LongMillは、木材、プラスチック、アルミニウム、真ちゅうなどを加工できる3軸CNCルーターのキット。レールはアルミニウム製、ガントリーは4分の1インチ(約6mm)のスチール製で丈夫かつ信頼性が高く、組み立ても容易だ。

LongMill

LongMillのワークエリア(X-Y軸)は、12×12インチ(約305×305mm)、12×30インチ(約305×762mm)、30×30インチ(約762×762mm)の3つあり、注文時に選択する。Z軸は4インチ(約102mm)だ。

LongMill
LongMill
LongMill

加工速度は毎分3000mm、加工精度は±0.1mmだ。電源は24V/10Aで、110V/220V対応電源アダプターが付属する。ルーターは必要に応じて交換でき、Makita RT0700/RT0701などが使える。なお、ルーターはキットには含まれていないので、注文時に追加するか自分で用意する必要がある。

LongMillはG-codeに対応しており、「Kiri:Moto」をはじめ一般的なCAMソフトウェアが使えるほか、クリエイター独自の「CAMLab」も用意されている。

LongMill

LongMillの価格は、12×12インチのキットが1000カナダドル(約8万4000円)、12×30インチが1150カナダドル(約9万6000円)、30×30インチが1300カナダドル(約11万円)。出荷は2019年8月の予定で、日本への送料は120カナダドル(約9800円)だ。

LongMillは6万カナダドル(約500万円)を目標に、2019年4月26日までクラウドファンディングを実施する。2019年4月8日時点で、目標額の3倍以上にあたる約22万カナダドル(約1900万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る