新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーデータの収集から可視化までをパッケージ化——IoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」

東京エレクトロンデバイスは、収集したセンサーデータをMicrosoft Azure上で可視化できる、IoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」を2019年4月8日に発売した。

Azure IoTキット-920は、センサーデータの収集から可視化までのサービスをパッケージ化したIoTシステム構築キットだ。920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」対応のマルチセンサーユニットと無線ユニット(親機)、インテリジェントIoTゲートウェイ(OpenBlocks IoT VX2 LTE搭載モデル)、Microsoft Azureより構成されている。

沖電気工業のSmartHopは、通信到達性に優れ消費電力が低いことからIoTで広く用いられている920MHz帯無線に、OKIの無線マルチホップ技術を採用した通信方式だ。

ぷらっとホームのインテリジェントIoTゲートウェイ(OpenBlocks IoT VX2 LTE(ドコモ/KDDI)搭載モデル)は、高機能なエッジコンピューティングとして機能する。遠隔地からセキュアに設定/監視/メンテナンスを実施できるサービス「Air Manage 2」により、複数のインテリジェントIoTゲートウェイを一括管理できるため、IoTシステムの構築に適している。

photo

Azure IoTキット-920を利用することで、マルチセンサーユニットが温度、湿度、3軸加速度、人感データを取得し、SmartHopを使って、インテリジェントIoTゲートウェイ経由でAzureに送信。AzureのIoT Hubに送られたデータは、Power BIでリアルタイムに可視化される。マルチセンサー情報の収集、Azureへの送信、データ蓄積、可視化までの構築手順書があるので、IoTシステム構築初心者でも簡単に実現可能だ。

価格は19万8000円(税別)で、Azure利用料金2万円分とAzureハンズオントレーニング受講券も含まれている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る