新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーデータの収集から可視化までをパッケージ化——IoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」

東京エレクトロンデバイスは、収集したセンサーデータをMicrosoft Azure上で可視化できる、IoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」を2019年4月8日に発売した。

Azure IoTキット-920は、センサーデータの収集から可視化までのサービスをパッケージ化したIoTシステム構築キットだ。920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」対応のマルチセンサーユニットと無線ユニット(親機)、インテリジェントIoTゲートウェイ(OpenBlocks IoT VX2 LTE搭載モデル)、Microsoft Azureより構成されている。

沖電気工業のSmartHopは、通信到達性に優れ消費電力が低いことからIoTで広く用いられている920MHz帯無線に、OKIの無線マルチホップ技術を採用した通信方式だ。

ぷらっとホームのインテリジェントIoTゲートウェイ(OpenBlocks IoT VX2 LTE(ドコモ/KDDI)搭載モデル)は、高機能なエッジコンピューティングとして機能する。遠隔地からセキュアに設定/監視/メンテナンスを実施できるサービス「Air Manage 2」により、複数のインテリジェントIoTゲートウェイを一括管理できるため、IoTシステムの構築に適している。

photo

Azure IoTキット-920を利用することで、マルチセンサーユニットが温度、湿度、3軸加速度、人感データを取得し、SmartHopを使って、インテリジェントIoTゲートウェイ経由でAzureに送信。AzureのIoT Hubに送られたデータは、Power BIでリアルタイムに可視化される。マルチセンサー情報の収集、Azureへの送信、データ蓄積、可視化までの構築手順書があるので、IoTシステム構築初心者でも簡単に実現可能だ。

価格は19万8000円(税別)で、Azure利用料金2万円分とAzureハンズオントレーニング受講券も含まれている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  5. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. AIを使ってピッキング——倉庫の利用効率を高めるAI制御のロボットアームを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る