新しいものづくりがわかるメディア

RSS


輪郭カットシステムを標準搭載——武藤工業、カッティングプロッター「ValueCut II」3機種を発売

武藤工業は、高精度なカッティングと高い生産性を実現するカッティングプロッター「ValueCut II」を、2019年4月8日から販売開始する。

ValueCut IIの大きな特徴として、デジタル画像上に記したマークを読み取り、正確な輪郭カットを行う輪郭カットシステム(AAS II)を標準搭載する。また、5g~600gまでのカット圧が選択可能で、メディアに合わせてペンアップ移動の加速度を2段階で設定することができる。

USB、シリアルポート(RS-232C)、イーサネットの3種類のインターフェースを搭載し、イーサネット接続を使うと複数台のValueCut IIを1台のPCで操作することが可能だ。

使用可能なメディアの厚さは0.8mmで、カッターと油性ボールペンが使用できる。大判インクジェットプリンター「ValueJet」シリーズと組み合わせることで、プリント&カットシステムが実現できる。また、プラテン上の用紙センサーの設定を無効にすることで透明なメディアに対応できるよう、用紙センサー無効機能を追加した。

photo

ValueCut IIは、最大カット幅610mmの「VC2-600」、最大カット幅1320mmの「VC2-1300」、最大カット幅1830mmの「VC2-1800」の3機種。カッティングスピードは毎秒1530mmだ。

標準価格は、VC2-600が20万8000円、 VC2-1300が39万8000円、VC2-1800が54万8000円(いずれも税別)。デザインソフトがなくても、カットデータやプリントカットデータを作成できる、ValueCut専用カッティングソフトウェア(FlexiSTARTER ValueCut Edition)が標準添付されている。販売台数は、国内外で年間500台を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る