新しいものづくりがわかるメディア

RSS


輪郭カットシステムを標準搭載——武藤工業、カッティングプロッター「ValueCut II」3機種を発売

武藤工業は、高精度なカッティングと高い生産性を実現するカッティングプロッター「ValueCut II」を、2019年4月8日から販売開始する。

ValueCut IIの大きな特徴として、デジタル画像上に記したマークを読み取り、正確な輪郭カットを行う輪郭カットシステム(AAS II)を標準搭載する。また、5g~600gまでのカット圧が選択可能で、メディアに合わせてペンアップ移動の加速度を2段階で設定することができる。

USB、シリアルポート(RS-232C)、イーサネットの3種類のインターフェースを搭載し、イーサネット接続を使うと複数台のValueCut IIを1台のPCで操作することが可能だ。

使用可能なメディアの厚さは0.8mmで、カッターと油性ボールペンが使用できる。大判インクジェットプリンター「ValueJet」シリーズと組み合わせることで、プリント&カットシステムが実現できる。また、プラテン上の用紙センサーの設定を無効にすることで透明なメディアに対応できるよう、用紙センサー無効機能を追加した。

photo

ValueCut IIは、最大カット幅610mmの「VC2-600」、最大カット幅1320mmの「VC2-1300」、最大カット幅1830mmの「VC2-1800」の3機種。カッティングスピードは毎秒1530mmだ。

標準価格は、VC2-600が20万8000円、 VC2-1300が39万8000円、VC2-1800が54万8000円(いずれも税別)。デザインソフトがなくても、カットデータやプリントカットデータを作成できる、ValueCut専用カッティングソフトウェア(FlexiSTARTER ValueCut Edition)が標準添付されている。販売台数は、国内外で年間500台を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  5. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. AIを使ってピッキング——倉庫の利用効率を高めるAI制御のロボットアームを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る