新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集開始

オライリー・ジャパンが主催するMakersの祭典「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集を開始した。

photo

出展申し込みは、2019年5月8日13:00まで。Maker Faire Tokyo 2019 webサイトの申し込みフォームから申し込みすると、6月4日までに出展可否の選考結果が発表される。

出展対象は、「自作の作品(ジャンル不問)」、「物を作るための素材、部品、道具」、「物を作るためのソフトウェア、サービス」、「個人が物を作ることに関連した活動」の4種。出展区分は、個人またはグループ(教育機関、コミュニティなど)で物販不可だが出店料無料の「Maker」、個人またはグループで物販可能な「Commercial Maker」、および「企業出展」の3区分が用意されている。

出展部門は、展示スペースでの「展示」の他に会場内ステージで20分のプレゼンテーションができる「プレゼンテーション」や、「ワークショップ」、「ハンズオン」(ミニワークショップ)および「屋外展示・デモ」がある。展示スペースを上回る申し込みがあった場合は、事務局による選考となる。

Maker Faire Tokyo 2019の開催概要は以下の通り:

  • 日程:2019年8月3日(土)、4日(日)
  • 場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場、東京都江東区有明3-11-1)
  • 入場料:(前売)大人1000円、18歳以下500円、(当日)大人1500円、18歳以下700円

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ワンボードマイコンでPCを自作——ポータブルコンピューターベアボーンキット「READY! MODEL100」
  2. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  3. 「Interface 2021年 4月号」がマイコン向けリアルタイムOS「FreeRTOS」を特集
  4. 持続的な長距離量子テレポーテーションに成功——90%超の高忠実度を実現、量子インターネット実現に向けた大きな一歩
  5. 「はんだ付けで目入れするダルマ」をプリント基板で作っちゃう 〜デザイン基板の作り方〜
  6. Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表
  7. 磁力を使って5分で接着——磁性硬化型接着剤を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  10. エアでの打感を再現——機材なしで練習できる最新ドラム演奏デバイス「Freedrum 2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る