新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集開始

オライリー・ジャパンが主催するMakersの祭典「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集を開始した。

photo

出展申し込みは、2019年5月8日13:00まで。Maker Faire Tokyo 2019 webサイトの申し込みフォームから申し込みすると、6月4日までに出展可否の選考結果が発表される。

出展対象は、「自作の作品(ジャンル不問)」、「物を作るための素材、部品、道具」、「物を作るためのソフトウェア、サービス」、「個人が物を作ることに関連した活動」の4種。出展区分は、個人またはグループ(教育機関、コミュニティなど)で物販不可だが出店料無料の「Maker」、個人またはグループで物販可能な「Commercial Maker」、および「企業出展」の3区分が用意されている。

出展部門は、展示スペースでの「展示」の他に会場内ステージで20分のプレゼンテーションができる「プレゼンテーション」や、「ワークショップ」、「ハンズオン」(ミニワークショップ)および「屋外展示・デモ」がある。展示スペースを上回る申し込みがあった場合は、事務局による選考となる。

Maker Faire Tokyo 2019の開催概要は以下の通り:

  • 日程:2019年8月3日(土)、4日(日)
  • 場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場、東京都江東区有明3-11-1)
  • 入場料:(前売)大人1000円、18歳以下500円、(当日)大人1500円、18歳以下700円

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る