新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集開始

オライリー・ジャパンが主催するMakersの祭典「Maker Faire Tokyo 2019」が出展者の募集を開始した。

photo

出展申し込みは、2019年5月8日13:00まで。Maker Faire Tokyo 2019 webサイトの申し込みフォームから申し込みすると、6月4日までに出展可否の選考結果が発表される。

出展対象は、「自作の作品(ジャンル不問)」、「物を作るための素材、部品、道具」、「物を作るためのソフトウェア、サービス」、「個人が物を作ることに関連した活動」の4種。出展区分は、個人またはグループ(教育機関、コミュニティなど)で物販不可だが出店料無料の「Maker」、個人またはグループで物販可能な「Commercial Maker」、および「企業出展」の3区分が用意されている。

出展部門は、展示スペースでの「展示」の他に会場内ステージで20分のプレゼンテーションができる「プレゼンテーション」や、「ワークショップ」、「ハンズオン」(ミニワークショップ)および「屋外展示・デモ」がある。展示スペースを上回る申し込みがあった場合は、事務局による選考となる。

Maker Faire Tokyo 2019の開催概要は以下の通り:

  • 日程:2019年8月3日(土)、4日(日)
  • 場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場、東京都江東区有明3-11-1)
  • 入場料:(前売)大人1000円、18歳以下500円、(当日)大人1500円、18歳以下700円

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る