新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「自分で作れるものづくり」を学ぶ——中部地区企業向けに「Techツクール名古屋」スタート

JellyWareは、社会人向けのAI、IoTを中心とした最新の技術教育コンテンツを提供する「Techツクール名古屋」をスタートさせる。

photo

Techツクールは2018年5月に開始。技術的な知識や開発方法を習うだけでなく、自らが考えたものを自らの手で生み出すことで「自分で作れるモノづくり」を学ぶことができる技術スクールだ。

Techツクール名古屋は、これまでの経験によって強化されたTechツクール独自の教育コンテンツを、中部地区企業向けに提供することで、同地区企業の競争力向上に貢献することを目標とし、地元企業のエスケイワードとコーワメックスと共同で運営する。

2019年4月24日開催の無料体験ハンズオンセミナーを皮切りに、中部地区において教育プログラムを実施していく。無料体験ハンズオンセミナーは、2019年4月24日13:00~18:30、名古屋市東区のエスケイワード内で実施。参加は無料でTechツクール名古屋のWebサイトから申し込みできる。ハンズオンセミナーの内容はNeural Compute Stickの講義やディープラーニングの講義と演習、RaspberryPiの講義とハンズオン、プログラミングハンズオンなどが予定されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る