新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「自分で作れるものづくり」を学ぶ——中部地区企業向けに「Techツクール名古屋」スタート

JellyWareは、社会人向けのAI、IoTを中心とした最新の技術教育コンテンツを提供する「Techツクール名古屋」をスタートさせる。

photo

Techツクールは2018年5月に開始。技術的な知識や開発方法を習うだけでなく、自らが考えたものを自らの手で生み出すことで「自分で作れるモノづくり」を学ぶことができる技術スクールだ。

Techツクール名古屋は、これまでの経験によって強化されたTechツクール独自の教育コンテンツを、中部地区企業向けに提供することで、同地区企業の競争力向上に貢献することを目標とし、地元企業のエスケイワードとコーワメックスと共同で運営する。

2019年4月24日開催の無料体験ハンズオンセミナーを皮切りに、中部地区において教育プログラムを実施していく。無料体験ハンズオンセミナーは、2019年4月24日13:00~18:30、名古屋市東区のエスケイワード内で実施。参加は無料でTechツクール名古屋のWebサイトから申し込みできる。ハンズオンセミナーの内容はNeural Compute Stickの講義やディープラーニングの講義と演習、RaspberryPiの講義とハンズオン、プログラミングハンズオンなどが予定されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る