新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国や地域に応じて、最適なモバイル通信を利用できる——NTT Com、モバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」開始

NTTコミュニケーションズは、IoT向けモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」を、2019年4月15日から提供開始する。

photo

IoT Connect Mobileは、日本を含む196の国と地域においてモバイル通信が利用可能なIoT向けのサービスだ。eSIMによる遠隔からのプロファイル書き換え技術に対応し、利用する国や地域に応じて、最適なモバイル通信を利用することができる。

例えば運用中のIoT機器のプロファイルを、よりコストパフォーマンスに優れたモバイルキャリアに切り替えたり、法制度上ローミングが規制されている国では現地のモバイルキャリアを利用するように切り替えるなど、柔軟な運用が可能になる。また、同社グループ会社Transatelが有するアジアや北米、欧州の3つのゲートウェイを活用し、利用者から最も近い設備を経由することで遅延を抑えた高品質な通信が可能になるという。

photo

SIMは、取り外しができる「Plug-inタイプ」と振動耐性や衝撃耐性に優れた組み込み用の「Chipタイプ」の2タイプを用意。両タイプとも温度耐性や書き込み耐性をより強化したインダストリアルグレードも選択可能だ。

管理用にWebポータルを用意しており、契約回線ごとの休止や再開、通信速度、利用状況などの確認や操作が簡単にできる。また、SIM上にはJavaアプレットを実装することができ、例えばアプレット領域に暗号鍵を格納して通信データのセキュリティレベルを上げたり、IoT機器の改ざん検知機能を付加したりすることができる。

料金は、初期費用としてプラットフォーム設定費用などが必要で、月額は基本料金に従量制のデータ通信料が加わる。データ通信料は1MBあたり1円からだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る