新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国や地域に応じて、最適なモバイル通信を利用できる——NTT Com、モバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」開始

NTTコミュニケーションズは、IoT向けモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」を、2019年4月15日から提供開始する。

photo

IoT Connect Mobileは、日本を含む196の国と地域においてモバイル通信が利用可能なIoT向けのサービスだ。eSIMによる遠隔からのプロファイル書き換え技術に対応し、利用する国や地域に応じて、最適なモバイル通信を利用することができる。

例えば運用中のIoT機器のプロファイルを、よりコストパフォーマンスに優れたモバイルキャリアに切り替えたり、法制度上ローミングが規制されている国では現地のモバイルキャリアを利用するように切り替えるなど、柔軟な運用が可能になる。また、同社グループ会社Transatelが有するアジアや北米、欧州の3つのゲートウェイを活用し、利用者から最も近い設備を経由することで遅延を抑えた高品質な通信が可能になるという。

photo

SIMは、取り外しができる「Plug-inタイプ」と振動耐性や衝撃耐性に優れた組み込み用の「Chipタイプ」の2タイプを用意。両タイプとも温度耐性や書き込み耐性をより強化したインダストリアルグレードも選択可能だ。

管理用にWebポータルを用意しており、契約回線ごとの休止や再開、通信速度、利用状況などの確認や操作が簡単にできる。また、SIM上にはJavaアプレットを実装することができ、例えばアプレット領域に暗号鍵を格納して通信データのセキュリティレベルを上げたり、IoT機器の改ざん検知機能を付加したりすることができる。

料金は、初期費用としてプラットフォーム設定費用などが必要で、月額は基本料金に従量制のデータ通信料が加わる。データ通信料は1MBあたり1円からだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る