新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売

ソラコムは、同社のLPWA対応ボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズに、接点入力に対応した「SORACOM LTE-M Button Plus」を追加した。

photo

SORACOM LTE-M Buttonシリーズは、低消費電力のLPWA通信規格LTE-Mを利用し、ネットワークを敷設しなくても動作するボタンデバイスだ。AWS 1-Clickを利用してボタンアクションをさまざまな操作に利用できる「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」と、SORACOMのサービスと組み合わせて柔軟なシステム構成が実現できる「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」がある。

今回追加されたSORACOM LTE-M Button Plusは、電気信号を入力に利用できるため、ドアや窓、ゲージなどの開閉状況や、浴槽、タンクなどの水位のモニタリング、また、人感センサーによる人のモニタリングなどに利用できる。取得したデータは、同社のアプリケーションサービスSORACOM BeamやFunnel、Harvestを利用することで収集や蓄積、データ転送、クラウド連携が容易に実現できる。

入力は1ch無電圧接点入力(A接点)。出力は回路の開閉間隔で3種設定できる。本体サイズは約97×33×14mmで重量が約50g。電源は単4アルカリ乾電池2本だ。通信規格はLTE Cat.M1(LTE-M)、eSIM内蔵で内蔵型アンテナを搭載する。

価格は7380円(税別)で、利用には同社の「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の利用料金(基本料金、通信料金)が必要になる。SORACOMユーザーコンソールから購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る