新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売

ソラコムは、同社のLPWA対応ボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズに、接点入力に対応した「SORACOM LTE-M Button Plus」を追加した。

photo

SORACOM LTE-M Buttonシリーズは、低消費電力のLPWA通信規格LTE-Mを利用し、ネットワークを敷設しなくても動作するボタンデバイスだ。AWS 1-Clickを利用してボタンアクションをさまざまな操作に利用できる「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」と、SORACOMのサービスと組み合わせて柔軟なシステム構成が実現できる「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」がある。

今回追加されたSORACOM LTE-M Button Plusは、電気信号を入力に利用できるため、ドアや窓、ゲージなどの開閉状況や、浴槽、タンクなどの水位のモニタリング、また、人感センサーによる人のモニタリングなどに利用できる。取得したデータは、同社のアプリケーションサービスSORACOM BeamやFunnel、Harvestを利用することで収集や蓄積、データ転送、クラウド連携が容易に実現できる。

入力は1ch無電圧接点入力(A接点)。出力は回路の開閉間隔で3種設定できる。本体サイズは約97×33×14mmで重量が約50g。電源は単4アルカリ乾電池2本だ。通信規格はLTE Cat.M1(LTE-M)、eSIM内蔵で内蔵型アンテナを搭載する。

価格は7380円(税別)で、利用には同社の「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の利用料金(基本料金、通信料金)が必要になる。SORACOMユーザーコンソールから購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る