新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売

ソラコムは、同社のLPWA対応ボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズに、接点入力に対応した「SORACOM LTE-M Button Plus」を追加した。

photo

SORACOM LTE-M Buttonシリーズは、低消費電力のLPWA通信規格LTE-Mを利用し、ネットワークを敷設しなくても動作するボタンデバイスだ。AWS 1-Clickを利用してボタンアクションをさまざまな操作に利用できる「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」と、SORACOMのサービスと組み合わせて柔軟なシステム構成が実現できる「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」がある。

今回追加されたSORACOM LTE-M Button Plusは、電気信号を入力に利用できるため、ドアや窓、ゲージなどの開閉状況や、浴槽、タンクなどの水位のモニタリング、また、人感センサーによる人のモニタリングなどに利用できる。取得したデータは、同社のアプリケーションサービスSORACOM BeamやFunnel、Harvestを利用することで収集や蓄積、データ転送、クラウド連携が容易に実現できる。

入力は1ch無電圧接点入力(A接点)。出力は回路の開閉間隔で3種設定できる。本体サイズは約97×33×14mmで重量が約50g。電源は単4アルカリ乾電池2本だ。通信規格はLTE Cat.M1(LTE-M)、eSIM内蔵で内蔵型アンテナを搭載する。

価格は7380円(税別)で、利用には同社の「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の利用料金(基本料金、通信料金)が必要になる。SORACOMユーザーコンソールから購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る