新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全国の工房で家具を作成——ShopBotを活用したオーダーメイド家具づくりサービス「EMARF」

VUILDは、オリジナルの家具を作れるサービス「EMARF」の正式運用を開始した。

ユーザーはEMARFを利用して、オンライン上で好きな家具のテンプレートを選び、部屋や身体に合うサイズに調整したオリジナル家具を出力できる。完成した製品を受け取るだけでなく、自ら工房に向かい、設計した家具を工房オーナーのサポートのもと、自らの手で完成させることも可能だ。

幅/高さ/奥行きなどのサイズに加えて、角の丸みといったディテールをユーザーが設計できることが特徴だ。デザインテンプレートはVUILD以外の家具デザイナーも登録できる仕様で、サービス開始時には4種類のデザインテンプレート(棚、スツール、机、椅子)を用意する。

注文後は、木工用CNC「ShopBot」の加工データが即時生成され、工房で加工可能となる。素早くオーダーメイドの家具のパーツを出力できるため、オーダーメイドでもコストを抑えて製造できる。

今後は、APIの公開による他サービスとの連携や、ユーザーやデザイナーの手描きスケッチから3次元データを自動生成するなどの次世代CAD開発を計画している。

全国にある工房の中から、製作する拠点を選択できるため、木材を育んだ地域とのつながりが生まれることもメリットだ。ユーザーは直接木材の生産地を訪れることで、良質な無垢材を安価に入手できる。また工房は、EMARFを使った加工により地元木材の付加価値を高め、地域経済の活性化や雇用創出、地方創生に貢献できる。

サービス開始時は全国35カ所へのShopBotを導入し、うち5カ所の工房で生産を開始する。今後もShopBotおよびEMARFの導入を進め、2020年に100拠点、2023年には1000拠点の構築を目指す。

また、EMARFの活用を視野に入れ、パナソニック、カインズ、面白法人カヤック、リビタ、LIFULL、南砺市(富山県)など各企業/自治体との連携開始も併せて発表された。

2019年5月6日にはカインズと連携し、ShopBotを導入している町田多摩境店にて、EMARFを使ったワークショップを開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る