新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全国の工房で家具を作成——ShopBotを活用したオーダーメイド家具づくりサービス「EMARF」

VUILDは、オリジナルの家具を作れるサービス「EMARF」の正式運用を開始した。

ユーザーはEMARFを利用して、オンライン上で好きな家具のテンプレートを選び、部屋や身体に合うサイズに調整したオリジナル家具を出力できる。完成した製品を受け取るだけでなく、自ら工房に向かい、設計した家具を工房オーナーのサポートのもと、自らの手で完成させることも可能だ。

幅/高さ/奥行きなどのサイズに加えて、角の丸みといったディテールをユーザーが設計できることが特徴だ。デザインテンプレートはVUILD以外の家具デザイナーも登録できる仕様で、サービス開始時には4種類のデザインテンプレート(棚、スツール、机、椅子)を用意する。

注文後は、木工用CNC「ShopBot」の加工データが即時生成され、工房で加工可能となる。素早くオーダーメイドの家具のパーツを出力できるため、オーダーメイドでもコストを抑えて製造できる。

今後は、APIの公開による他サービスとの連携や、ユーザーやデザイナーの手描きスケッチから3次元データを自動生成するなどの次世代CAD開発を計画している。

全国にある工房の中から、製作する拠点を選択できるため、木材を育んだ地域とのつながりが生まれることもメリットだ。ユーザーは直接木材の生産地を訪れることで、良質な無垢材を安価に入手できる。また工房は、EMARFを使った加工により地元木材の付加価値を高め、地域経済の活性化や雇用創出、地方創生に貢献できる。

サービス開始時は全国35カ所へのShopBotを導入し、うち5カ所の工房で生産を開始する。今後もShopBotおよびEMARFの導入を進め、2020年に100拠点、2023年には1000拠点の構築を目指す。

また、EMARFの活用を視野に入れ、パナソニック、カインズ、面白法人カヤック、リビタ、LIFULL、南砺市(富山県)など各企業/自治体との連携開始も併せて発表された。

2019年5月6日にはカインズと連携し、ShopBotを導入している町田多摩境店にて、EMARFを使ったワークショップを開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る