新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーダーメイド家具をオンデマンド出力できる——自律分散型地域生産プラットフォーム「EMARF」

VUILDは、オンデマンドでオーダーメイド家具を出力できる自律分散型地域生産プラットフォーム「EMARF(エマーフ)」のβ版をリリースした。

EMARFは、Web上のアプリケーションを通じて産地やデザインを選べ、ユーザーが求めるサイズにカスタマイズできる設計システムだ。

買い手はオンラインで家具を設計し、全国各地の工房に設置されたデジタル木工機器「Shopbot」でオンデマンド出力できる。組み立てや塗装は買い手自身で行うほか、工房に任せることもできる。

家具のデザインテンプレートは、世界中のデザイナーが投稿でき、売り上げに応じてデザイン費が還元される仕組みだ。買い手にとってはデザインの選択肢が広がる一方、デザイナーは小中規模のロット生産が可能となり、新たな仕事の機会や作品の普及活動の場としても機能する。

同社は、製材所/材木屋/工務店など、全国30箇所にShopbotを導入してきた。EMARFとShopbotを連動し、地域の材料を用いることで、ユーザーに最短距離/最短時間でオリジナルの製品を届ける。

地域に根ざしたものづくりにもこだわる。最小限の物流で完結する事を目指し、伐採-製材-乾燥-Shopbotによる切削まで、全ての生産過程が半径10km圏内のエリアで完結するシステムの構築を通じ、森の生態系の維持や地域産業の活性化に寄与する。

今後は、ユーザーが希望のイメージをスケッチ化してデータに落とし込むなど、個人の創造性を拡張しうるインターフェースの展開を予定している。

また、既に世界で普及している7000台のShopbotと連携し、国を超えて自立分散型の地域生産プラットフォームを活用できるようにするなど、グローバルな展開も進めていく。

なお、同社は2018年12月13日16:00~20:00に、VUILD工房(神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A)にて、EMARFを実際に体験できるイベントを開催予定だ。 EMARFの操作、Shopbotによる木材の加工、家具の組み立てを体験できる。参加申し込みは専用フォームにて受け付ける。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る