新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーダーメイド家具をオンデマンド出力できる——自律分散型地域生産プラットフォーム「EMARF」

VUILDは、オンデマンドでオーダーメイド家具を出力できる自律分散型地域生産プラットフォーム「EMARF(エマーフ)」のβ版をリリースした。

EMARFは、Web上のアプリケーションを通じて産地やデザインを選べ、ユーザーが求めるサイズにカスタマイズできる設計システムだ。

買い手はオンラインで家具を設計し、全国各地の工房に設置されたデジタル木工機器「Shopbot」でオンデマンド出力できる。組み立てや塗装は買い手自身で行うほか、工房に任せることもできる。

家具のデザインテンプレートは、世界中のデザイナーが投稿でき、売り上げに応じてデザイン費が還元される仕組みだ。買い手にとってはデザインの選択肢が広がる一方、デザイナーは小中規模のロット生産が可能となり、新たな仕事の機会や作品の普及活動の場としても機能する。

同社は、製材所/材木屋/工務店など、全国30箇所にShopbotを導入してきた。EMARFとShopbotを連動し、地域の材料を用いることで、ユーザーに最短距離/最短時間でオリジナルの製品を届ける。

地域に根ざしたものづくりにもこだわる。最小限の物流で完結する事を目指し、伐採-製材-乾燥-Shopbotによる切削まで、全ての生産過程が半径10km圏内のエリアで完結するシステムの構築を通じ、森の生態系の維持や地域産業の活性化に寄与する。

今後は、ユーザーが希望のイメージをスケッチ化してデータに落とし込むなど、個人の創造性を拡張しうるインターフェースの展開を予定している。

また、既に世界で普及している7000台のShopbotと連携し、国を超えて自立分散型の地域生産プラットフォームを活用できるようにするなど、グローバルな展開も進めていく。

なお、同社は2018年12月13日16:00~20:00に、VUILD工房(神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A)にて、EMARFを実際に体験できるイベントを開催予定だ。 EMARFの操作、Shopbotによる木材の加工、家具の組み立てを体験できる。参加申し込みは専用フォームにて受け付ける。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る