新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT/AI学習にも活用できる——ロボットプログラミング学習キット「ArtecRobo2.0」の先行販売を開始

二足歩行ロボット

アーテックは、ロボットプログラミング学習キット「ArtecRobo2.0」の教育機関向け先行販売を開始した。

ArtecRoboは、縦/横/斜めのすべての方向に接続することができるブロックにより、二足歩行ロボットやクレーン自動車など、さまざまなオリジナルロボットを直感的に組み立てられるキットだ。

新バージョンとなる2.0は、ボード上に5×5フルカラーLEDマトリクスや、光/温度/加速度などの各種センサー(7種類)、ブザーなどを搭載。Scratch 3.0ベースのソフトウェアや、Pythonによるプログラミングにも対応し、IoTやAIなどの先端技術の学習にも活用できる。

高度道路交通システム

Bluetooth(BLE4.2)、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)による無線機能も搭載しており、ロボット間での無線通信も可能だ。

対応OSはWindows(7/8.1/10)、Mac OS X(10.6以降)、iOS(11以降)、Android(5.0以降)、ChromeOS。iPadやAndroidタブレット、Chromebookで作成したプログラムの転送にも対応している。

信号機同士の連携

デバイス間通信により、PC間でメッセージのやり取りをするチャットシステムや、センサーが反応したら離れた場所の警報機を鳴らす防犯システムなども構築できる。

一般向けの販売は2019年6月以降を予定している。2019年6月13日~16日に開催される「東京おもちゃショー」(一般公開日は2019年6月15/16日)にも出展予定だ。

取扱説明書やソフトウェアなどはWebサイトからダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る