新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CYBERDYNE、Bluetoothを2基搭載したIoTゲートウェイ「UM-125」を発売

CYBERDYNEは、Bluetoothを2基搭載したIoTゲートウェイ「UM-125」を2019年5月に発売する。

photo

UM-125は、従来機「UM-120」に対してニーズの多かったBluetoothの2基搭載とコンセント一体型に機能を絞り、性能/安定性はそのままに低価格化を図ったもの。標準構成としてWi-Fi/有線LAN/Bluetothを搭載したBeaconゲートウェイとしての導入を想定する。

Bluetoothは、TIのSoC「CC2564(BLE Classic)」と「CC2541(BLE)」を搭載。Beacon(ビーコン)端末が送信する電波の受信、一般のBLEデバイスとの双方向通信(最大8台の同時通信が可能)に加え、BT Classic(SPP プロファイルのみ)規格(最大7台の同時接続が可能)に対応している。

UM-125とサーバーを接続するバックボーンにはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)、IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、1000BASE-TXを採用し、管理サーバー(別途開発が必要)と通信する。管理サーバーでは、死活監視機能、ファームウェア更新機能など、多数のUM-125を一元管理/メンテナンス可能だ。なお、オプションでIEEE802.15.4(Zigbee)にも対応可能だ。

また、Wi-Fiルーターやアクセスポイントとして利用でき、IEEE802.11acでは最大866Mbps(規格値)での通信が可能だ。Wi-Fiセキュリティは、WEP/WPA/WPA2/WPA-Mixedをサポートする。

外形寸法は120×120×32mm。本体にAC電源を内蔵し2ピンのACプラグを装備しているため、電源コンセントに直接挿して利用できる。ACアダプター(別売)の使用も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る