新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マイクロボード、FFF方式デスクトップ3Dプリンター「Infinity X1/X1 SPEED」を発売

Infinity X1 SPEED

マイクロボードは、FFF(熱溶融積層)方式のデスクトップ3Dプリンター「Infinity X1/X1 SPEED」の取り扱いを開始した。

photo

特に「X1 SPEED(X1S)」モデルでは、高性能なパーツの採用による高い印刷品質を特徴としている。レールスライドにはTHK製のリニアボールスライド(Aランク)やIGUS社製バックラッシレスナットを採用、誤差5umの送りネジ(両モデルとも)と合わせてXYZすべての軸でのブレを低減している。

photo

加えて0.9°/ステップのステッピングモーターを搭載することで、一般的な1.8°/ステップのものよりも事実上の曲面の解像度を高めている。

photo

さらにABSやPLAだけではなく、従来FFF方式では難しいとされている熱可塑性ウレタン(TPU)による造形にも対応する。

photo

両モデルともメーカー独自開発チップ「INFINITY3DP GT80(X1S)」「8825(X1)」により、滑らかな造形表面を再現できるとしている。停電等による電源復帰後の継続プリント機能も搭載している。

photo

本体寸法はX1Sが355×310×474mm、X1が380×223×460mm、本体重量はX1Sが10.7kg、X1が10.2kg。最大造形サイズは共に210×210×240mm、最小積層ピッチは20μmだ。

価格は、X1Sが6月末までの特別キャンペーン価格で36万円。X1は28万円(何れも税別)だ。同社ホームページにて注文を受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る