新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットトレードワン、Raspberry Pi拡張ボード「Apple Pi」をリニューアル

ビットトレードワンは、Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」をリニューアルし、2019年5月9日に発売する。サポートするRaspberry Piは「Model B+/2B/3B/3B+」となった。

photo

現行のApple Piは、2016年7月8日に発売。Raspberry Piと組み合わせることで、DAコンバーターによるハイレゾ再生、温度や湿度、気圧センサーと6個のスイッチ入力を活用したIoT機器実験、送受信可能な赤外線リモコンを使用した他機器コントロールなど、さまざまなIoT実験を可能にする拡張ボードだ。

photo

8文字×2行のディスプレイを備えており、さまざまな情報の表示も可能。また、 Raspberry Piに接続した状態で純正ケースに収まるサイズになっている。

photo

今回のリニューアルに先立ち、2019年5月2日にCQ出版が発売した「カメラ×センサ! ラズベリー・パイ製作全集」に、Apple Piの解説と共に単体基板が付属される。ビットトレードワンでは、すぐに利用できる「Apple Pi組立済」と、書籍付属の基板組立に必要な「Apple Pi部品セット」の2種類を展開する。

photo

Apple Pi組立済(新型番:ADCQ1905P)/Apple Pi部品セット(新型番:ADCQ1905K)ともに価格はオープン価格で、市場想定売価はそれぞれ6980円/5480円前後(税別)とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  9. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  10. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る