新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットトレードワン、Raspberry Pi拡張ボード「Apple Pi」をリニューアル

ビットトレードワンは、Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」をリニューアルし、2019年5月9日に発売する。サポートするRaspberry Piは「Model B+/2B/3B/3B+」となった。

photo

現行のApple Piは、2016年7月8日に発売。Raspberry Piと組み合わせることで、DAコンバーターによるハイレゾ再生、温度や湿度、気圧センサーと6個のスイッチ入力を活用したIoT機器実験、送受信可能な赤外線リモコンを使用した他機器コントロールなど、さまざまなIoT実験を可能にする拡張ボードだ。

photo

8文字×2行のディスプレイを備えており、さまざまな情報の表示も可能。また、 Raspberry Piに接続した状態で純正ケースに収まるサイズになっている。

photo

今回のリニューアルに先立ち、2019年5月2日にCQ出版が発売した「カメラ×センサ! ラズベリー・パイ製作全集」に、Apple Piの解説と共に単体基板が付属される。ビットトレードワンでは、すぐに利用できる「Apple Pi組立済」と、書籍付属の基板組立に必要な「Apple Pi部品セット」の2種類を展開する。

photo

Apple Pi組立済(新型番:ADCQ1905P)/Apple Pi部品セット(新型番:ADCQ1905K)ともに価格はオープン価格で、市場想定売価はそれぞれ6980円/5480円前後(税別)とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る