新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットトレードワン、Raspberry Pi拡張ボード「Apple Pi」をリニューアル

ビットトレードワンは、Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」をリニューアルし、2019年5月9日に発売する。サポートするRaspberry Piは「Model B+/2B/3B/3B+」となった。

photo

現行のApple Piは、2016年7月8日に発売。Raspberry Piと組み合わせることで、DAコンバーターによるハイレゾ再生、温度や湿度、気圧センサーと6個のスイッチ入力を活用したIoT機器実験、送受信可能な赤外線リモコンを使用した他機器コントロールなど、さまざまなIoT実験を可能にする拡張ボードだ。

photo

8文字×2行のディスプレイを備えており、さまざまな情報の表示も可能。また、 Raspberry Piに接続した状態で純正ケースに収まるサイズになっている。

photo

今回のリニューアルに先立ち、2019年5月2日にCQ出版が発売した「カメラ×センサ! ラズベリー・パイ製作全集」に、Apple Piの解説と共に単体基板が付属される。ビットトレードワンでは、すぐに利用できる「Apple Pi組立済」と、書籍付属の基板組立に必要な「Apple Pi部品セット」の2種類を展開する。

photo

Apple Pi組立済(新型番:ADCQ1905P)/Apple Pi部品セット(新型番:ADCQ1905K)ともに価格はオープン価格で、市場想定売価はそれぞれ6980円/5480円前後(税別)とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る