新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フリーのシミュレーターで電子回路を学習——オーム社、「回路シミュレータLTspiceで学ぶ電子回路(第3版)」発刊

オーム社は、電子機器/回路開発者向けの電子回路学習書「回路シミュレータLTspiceで学ぶ電子回路(第3版)」を発売した。

同書は、リニアテクノロジーが提供するフリーの電子回路シミュレーター「LTspice」を使って電子回路を学ぶものだ。同社がアナログ・デバイセズ(ADI)に買収されたことで、ADIの回路モデルが大量に追加されるなど、利便性が増すと共に業界での利用率が上がっているという。

同書は単なるLTspiceの操作マニュアルの域にとどまることなく、電子回路の基本から解説。スイッチング電源、オペアンプなどをはじめとする実例も取り上げている。

電子回路の開発/設計を行うメーカー技術者や回路の開発/設計者、また大学、高専、工業高校の学生や教師を対象としている。

内容は、まず基礎編として回路図入力やシミュレーションコマンド、スパイスディレクティブ、波形ビューワなど、活用編としてスイッチング電源トポロジーやオペアンプを使った回路などを解説している。

著者は渋谷道雄氏、B5変形判512ページで価格は3996円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る