新しいものづくりがわかるメディア

RSS


WDS、Raspberry PiでLPWAが利用できる拡張パッケージ「IoT-Pi for LTE-M」を発売

WDSは、Raspberry Piでセルラー系LPWA(KDDI LTE-M通信)を利用可能にする拡張パッケージ「IoT-Pi for LTE-M」発売する。

photo

IoT-Pi for LTE-Mには、KDDI LTE-M回線が1年間利用可能なSIMカードが付属しており、簡単にLPWAに接続できる。GROVEやGPIO、I2C、UARTのインターフェースを標準装備しており、市販のセンサーなどと組み合わせることで、手軽にIoTの実証実験などができる。

また、Raspberry Piを間欠起動させる機能や、LTE-M特有のPSMやeDRXを利用することによって、低消費電力で駆動する端末をRaspberry Piを使って製作することができる。加えて、GPSによる位置測位にも対応している。

photo

パッケージには、IoT-Pi本体ボードの他にLTE-M&GPSアンテナ、nanoSIM、APIライブラリー、APIインターフェース仕様書、サンプルアプリケーション(Python3ソースコード)が含まれる。価格は5万円(税別)で、2019年6月から注文受付けを開始、7月1日より順次発送する。

なお、2019年5月29日~31日に東京ビックサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2019」に出展し、デモンストレーションを行う予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る