新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーム社、「MESHではじめるIoTプログラミング〈うれしい〉〈たのしい〉〈おもしろい〉を創作しよう」を発刊

オーム社は「MESHではじめるIoTプログラミング〈うれしい〉〈たのしい〉〈おもしろい〉を創作しよう」を発刊した。

本書はソニーのワイヤレス電子ブロック「MESH」を使って、IoTを組み込んだ作品やアイデアグッズを製作するための入門書だ。MESHプロジェクトの全面協力のもと、MESHを使ったプログラミング教室を数多く手がけた著者陣により、MESH活用のポイントとレシピを収載している。

全5章構成。基本的なMESHの解説(Chapter 1)に続き、Chapter 2「MESHを使ってみよう」ではホタルの光の再現や、出た目に合わせてしゃべるスマートサイコロの作り方を解説。Chapter 3「MESHで遊ぼう」では押しボタン式信号機や音と光のおみくじ、止めるのが難しい目覚まし時計など、MESHを応用したさまざまな仕組みを作成する。

また、Chapter 4「MESHを駆使しよう」では、イライラ棒や魔法の杖でランプを点けるゲーム、理科の実験や線路のポイント切り替えなど、より発展的な内容について学習する。さらにChapter 5「MESHでデザインしよう」ではコーディネート提案アプリや、インターネットの天気情報を調べる仕組みなどのレシピも解説する。

付録として、Chapter5で紹介しているSDK用のサンプルプログラムをWebサイトからダウンロード可能だ。

著者は上林憲行氏、中村亮太氏、中村太戯留氏、岡崎博樹氏、田丸恵理子氏。B5変判236ページで、定価は2484円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る