新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソニーのワイヤレス電子ブロック「MESH」、Indiegogoで資金調達開始

ソニーが2014年6月に発表し、ものづくり系イベントなどに出展しながら開発を進めてきたワイヤレス電子ブロック「MESH」が、製品化を目指して1月7日にIndiegogoで資金調達を開始した。

MESHは、さまざまな機能を持つ「MESH Tags」と呼ばれるブロックと、MESH TabsとBluetoothで通信してデータをやりとりしたり、複数のタグを組み合わせて新たな機能のプログラミングができるiPadアプリ「MESH Canvas」で構成されている。

今回資金を募集するMESH Tagsには、LEDを備えて光るもの、入力用にボタンを備えたもの、GPIOを備えたもの、加速度センサを備えたものの4種類がある。MESH Tagのサイズは48×24×12mm、それぞれがバッテリを内蔵して単独で動作する。インターフェースとしてマイクロUSBポートを備えるが、これは充電のためにしか使われない。Bluetoothを介し、MESH Canvasを使って互いにデータをやりとりさせることでさまざまな機能を実現する。

MESH CanvasはiPadアプリとして作られ、画面上に表示された(Bluetoothで通信可能な)MESH Tagsに対して、ドラッグアンドドロップなどの操作で機能を設定したり制御したりできる。一種のビジュアルプログラミングで、プログラムコードを書く必用はない。

Indiegogoでの目標資金額は5万ドル(約590万円)で、募集期間は3月7日まで。アクセラレーションMESH Tag、LED MESH Tag、ボタンMESH TagとMESH Projectのステッカーをセットにした「Basic Set」が105ドル(約1万2000円)、送料は5ドル。出荷開始予定は2015年5月となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る