新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーム社、「組込みソフトの安全設計 基礎から二足歩行ロボットによる実践まで」を発刊

オーム社は「組込みソフトの安全設計 基礎から二足歩行ロボットによる実践まで」を発刊した。

本書は、組み込みシステムのソフトウェア設計における安全性の確保を、OSを用いないワンチップマイコンのソフトウェアで具体的に解説する書籍だ。

医療機器における安全性規格であるIEC62304の考え方を参考に、ワンチップマイコンのソフトウェアの設計で安全性を確保していく方法を、おもちゃの二足歩行のロボットを例として具体的に解説する。

全7章構成。1章では導入としてワンチップマイコンやプログラム全体について概説した後、第2章「ソフトウェアの安全性確保の考え方」では、ソフトウェアの安全性確保やリスク管理/リスク分析/リスク評価、リスク低減を意図した開発プロセスなどについて解説する。

また、第3章「ソフトウェア開発の効率化と信頼性向上」では、ソフトウェア開発における課題に加え、ソフトウェアアーキテクチャ設計および設計のトレーサビリティの効果、設計現場でのソフトウェア設計などについて取り扱う。

このうち、ソフトウェアアーキテクチャについては次章となる第4章「ソフトウェアアーキテクチャ」にて詳しく解説。ソフトウェアアーキテクチャの概要/構築、ソフトウェアへの要求事項の明確化、ソフトウェアの分割やインタフェースの抽出などについて取り上げる。

第3章後半でもトレーサビリティによる品質リスクの低減について触れるが、第5章「トレーサビリティ」ではさらに詳しく、トレーサビリティ確保の必要性とメリットや、設計からハザード、リスクコントロール手段の検証など、各段階におけるトレーサビリティについて説明する。

第6章「C言語が備えるモジュール化のしくみ」では関数/変数の有効範囲からヘッダ/Cソースファイル、さらにはモジュール化のしくみの利用の仕方の例についても取り扱う。

第7章「具体例によるワンチップマイコンソフトウェア設計プロセスの解説」では、これまでの総まとめとして顧客要求の明確化や主要機能/達成手段の検討、システムの明確化から、ソフトウェアの全体設計/詳細設計に至るまでの工程を具体的に解説。ソフトウェアアーキテクチャ設計やトレーサビリティなど、前章で解説した事項についても具体例を交えて解説する。

付録として、第5章、第7章で題材としているおもちゃの二足歩行ロボットに係る解説を、圧縮ファイル(zip形式)でWebサイトからダウンロード可能だ。

著者は杉山肇氏。B5変判248ページで、定価は3456円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  7. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  8. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る