新しいものづくりがわかるメディア

RSS


300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」

デスクトップタイプのLCD SLA(光造形)方式3Dプリンター「Prism」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Prismは、2K解像度のLCDパネルを使った光造形方式3Dプリンター。低価格ながら筐体はオールメタルで、堅牢な構造と様々な較正機能による高精細な造形が特徴だ。

photo

オートレベリング機能とZ軸のデュアルリニアレールを採用し、信頼性と再現性を確保。光源には405nm、57WのLEDを4×6個配置し、ビルドエリア全体を均一に照射する。スクリーンには2K LCDを採用し、エンクロージャータイプで、印刷時は全体を覆うことができる。

photo

硬化時間を見積もるためのキャリブレーション機能、印刷中の硬化時間調整機能も搭載。ChiTuBox/Slic3r/Creation Workshop/Print Studioといった各種スライサーに対応する。ファイル転送やプリンターの設定はmicroSDカードまたはWi-Fi経由で行う。

photo

本体のサイズは約432×279×279mmで、重さは約4.9kg。最大造形サイズは120×70×150mmで、XY軸の精度は0.05mm、Z軸の精度は0.025mmだ。

また、専用のレジンとしてStandard/Water Washable/Semi-Flex/Castableもオプションで用意しているが、405nmで硬化するレジンであれば使用できる。

photo

早割価格は249ドル(約2万7000円)。海外向けの出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は別途必要だ。

Prismは、2019年6月22日までクラウドファンディングを実施中。6月12日時点で、5万ドル(約547万円)の目標額を大きく上回る約16万ドル(約1730万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る