新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、デュアルコア搭載の高性能マイコン「STM32H7」を発表

STマイクロエレクトロニクス(STマイクロ)は、デュアルコアを搭載した高性能マイコン「STM32H7」を発表した。

STM32H7は、ArmのCortex-M7(最高動作周波数480MHz)/Cortex-M4(最高動作周波数240MHz)を搭載するデュアルコアマイコンだ。

同社によると、例えばシングルコアのCortex-M4搭載マイコンで制御していたモーター制御を、従来のコードはSTM32H7のCortex-M4に移行し、Cortex-M7で新たにGUIを動作させることでより優れたユーザーインターフェースを提供するなど、2つのプロセッサーを柔軟に活用することで既存のアプリケーションをバージョンアップするといった応用が可能だ。

また、ニューラルネットワークやチェックサム、DSPフィルタリング、オーディオコーデックなどの高負荷の処理を負荷分散することでアプリケーションのパフォーマンス向上も期待できる。

ベンチマークでは、高効率なL1キャッシュとFlashメモリーアクセラレーターにより、内蔵Flashメモリーからの命令実行で1327DMIPS、3224CoreMarkという高スコアを出しているという。

また、グラフィックアクセラレーターChrom-ART Acceleratorによってグラフィック性能が向上している。暗号鍵がプレインストールされており、セキュアファームウェアインストール(SFI)などの専用セキュリティサービスも搭載するなど、セキュリティ機能も強化された。

すでに量産を始めており現在サンプル出荷中。価格は大量購入時に8.19ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る