新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドローンのDJIが手掛けるロボットプログラミング教育用ロボット「ROBOMASTER S1」

DJIは、プログラミング可能な地上走行ロボット「ROBOMASTER S1」を発売した。

photo

同社は、2013年から国際ロボット大会「RoboMaster」を主催し、ロボット工学教育に投資してきた。ROBOMASTER S1はそこで活躍してきた地上走行ロボットから着想を得て開発されたものだ。ハードウェアの組み立てや地上走行ロボットの操作、PythonやScratch上でのプログラミング、複数対戦モードによる仲間との競争といった体験を通して、楽しく学ぶことができる。

photo

対戦モードを実現するため、合計31個のセンサーで周囲全体をマッピングし、そのうち6個のセンサーが「インテリジェントボディーアーマー」として、対戦相手からの攻撃を検知する。操作アプリでは、搭載するFPV(一人称視点)カメラからの臨場感のある映像を見ながらコントロールできる。安定したFPVの映像と対戦用ゲル弾発射ブラスターのため、2軸メカニカルジンバル(スタビライザー)を備えている。

photo

FPVカメラとマシンビジョン技術によって、ラインフォローやビジョンマーカーの認識、人物追尾や相手認識、さらにジェスチャー認識などに対応する。Scratch3.0やPythonを使ってロボットプログラミングが可能だ。

photo

価格は6万4800円(税込)。2019年6月12日からDJI公式オンラインストア、DJI認定ストアなどで販売を開始している。

photo

今後、専用コントローラーや予備のゲル弾、バッテリー、ゲル弾マガジンなどの追加アクセサリーを同梱した「Playmoreキット」も発売する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る