新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電気刺激で味覚が変わる——明治大学、食べ物の味が変えられる手袋型デバイスを発表

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明教授、同学科3年の鍜治慶亘氏は、金属製食器を通じて「電気味覚」を付与できる手袋型デバイスを発表した。

photo

電気味覚とは、舌の味覚器に電気刺激が与えられたときに感じる味のこと。金属の味や塩味、酸味、苦味を感じることが多いと言われている。

photo

今回開発した手袋型デバイスは、人差し指部に取り付けた電極から、スプーンやフォーク、コップなどの金属製食器を介して舌に電気味覚を付与するものだ。同デバイスを使用することで、容易に飲食物へ電気味覚を付与できるという。

photo

また、金属製食器を使わずに、果物など手づかみで食べる場合でも電気味覚を付与することができるという。電極を装着した人差し指の操作で、電気味覚付与の有無や強度を操作することができる。

この研究は、2019年6月12日に東京大学で開催された日本バーチャルリアリティ学会 第1回神経刺激インターフェース研究会で、「あらゆる金属製食器を電気味覚提示に用いる手袋型デバイスの試作」と題して発表されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る