新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電気刺激で味覚が変わる——明治大学、食べ物の味が変えられる手袋型デバイスを発表

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明教授、同学科3年の鍜治慶亘氏は、金属製食器を通じて「電気味覚」を付与できる手袋型デバイスを発表した。

photo

電気味覚とは、舌の味覚器に電気刺激が与えられたときに感じる味のこと。金属の味や塩味、酸味、苦味を感じることが多いと言われている。

photo

今回開発した手袋型デバイスは、人差し指部に取り付けた電極から、スプーンやフォーク、コップなどの金属製食器を介して舌に電気味覚を付与するものだ。同デバイスを使用することで、容易に飲食物へ電気味覚を付与できるという。

photo

また、金属製食器を使わずに、果物など手づかみで食べる場合でも電気味覚を付与することができるという。電極を装着した人差し指の操作で、電気味覚付与の有無や強度を操作することができる。

この研究は、2019年6月12日に東京大学で開催された日本バーチャルリアリティ学会 第1回神経刺激インターフェース研究会で、「あらゆる金属製食器を電気味覚提示に用いる手袋型デバイスの試作」と題して発表されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る