新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT、API、ビジュアルデザインを同一プラットフォーム上で連携——北欧発のプロトタイピングツール「Noodl」が日本上陸

tensorXは、スウェーデンのデザインファームTOPPのローカルパートナーとして、プロトタイピングツール「Noodl(ヌードル)」の日本展開を開始した。

これに伴い、Noodl開発メンバーでテクノロジーイノベーションリードのMathias Lewin氏が来日し、2019年7月5日に来日基調講演、7月6日にNoodl FESを開催することも併せて発表した。

Noodlは、エンジニア/プログラマーでなくても、IoTやアプリなどのUI/UXプロトタイピングができるツールだ。ビジュアルデザイン、ダイナミックデータ、IoT/センサーなどを同一プラットフォーム上で連携できるのが特徴だ。

UIの設計やインタラクションを構築できるだけでなく、Adobe PhotoshopやXD、Scketchなどのデザインツールとの連携も可能だ。

コーディングは不要で、ノードベースで要素をつなぐだけで構築できる。さらに高度な機能を試したい場合は、Javascriptの直接コーディングや、ライブラリの利用も可能だ。

API接続や静的データも組み込み可能で、APIの機能や使用検討中のデータが、どのようにUXに影響するのかを早期段階で検証できる。

IoT(マイコン接続)にも対応しており、センサーデータの取得やマイコンのコントロールが実行できる。MQTTブローカーを経由するため、MQTTにパブリッシュ/サブスクライブできるデバイスであればNoodlとの連携も可能だ。

Noodlで作ったプロジェクトを書き出し、WebサーバーにアップロードすればWebページと同じように、作ったプロトタイプを確認できる。書き出したプロジェクトについてはCordovaを使ってビルドすることで、ハイブリッドアプリとして端末にインストールして使用できる。

Noodlは、同社Webサイトからダウンロード可能だ。Windows版に加えてMac OS版、Linux版も公開している。

この他、Webサイトでは全ノードとJavascript APIに関するリファレンスや、外部連携やデプロイなどのガイドといった日本語ドキュメントも閲覧可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る