新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT、API、ビジュアルデザインを同一プラットフォーム上で連携——北欧発のプロトタイピングツール「Noodl」が日本上陸

tensorXは、スウェーデンのデザインファームTOPPのローカルパートナーとして、プロトタイピングツール「Noodl(ヌードル)」の日本展開を開始した。

これに伴い、Noodl開発メンバーでテクノロジーイノベーションリードのMathias Lewin氏が来日し、2019年7月5日に来日基調講演、7月6日にNoodl FESを開催することも併せて発表した。

Noodlは、エンジニア/プログラマーでなくても、IoTやアプリなどのUI/UXプロトタイピングができるツールだ。ビジュアルデザイン、ダイナミックデータ、IoT/センサーなどを同一プラットフォーム上で連携できるのが特徴だ。

UIの設計やインタラクションを構築できるだけでなく、Adobe PhotoshopやXD、Scketchなどのデザインツールとの連携も可能だ。

コーディングは不要で、ノードベースで要素をつなぐだけで構築できる。さらに高度な機能を試したい場合は、Javascriptの直接コーディングや、ライブラリの利用も可能だ。

API接続や静的データも組み込み可能で、APIの機能や使用検討中のデータが、どのようにUXに影響するのかを早期段階で検証できる。

IoT(マイコン接続)にも対応しており、センサーデータの取得やマイコンのコントロールが実行できる。MQTTブローカーを経由するため、MQTTにパブリッシュ/サブスクライブできるデバイスであればNoodlとの連携も可能だ。

Noodlで作ったプロジェクトを書き出し、WebサーバーにアップロードすればWebページと同じように、作ったプロトタイプを確認できる。書き出したプロジェクトについてはCordovaを使ってビルドすることで、ハイブリッドアプリとして端末にインストールして使用できる。

Noodlは、同社Webサイトからダウンロード可能だ。Windows版に加えてMac OS版、Linux版も公開している。

この他、Webサイトでは全ノードとJavascript APIに関するリファレンスや、外部連携やデプロイなどのガイドといった日本語ドキュメントも閲覧可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る