新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

8個のドローン用DCモーターをコントロールして特定波長の音源にするユニークなアナログシンセサイザー「Motor Synth」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Motor Synthは、いわゆるVCOとして発振器の代わりにDCモーターが発生する音をピックアップで拾い、回転数を制御することでメカトロニクスな音を出すユニークなシンセサイザーだ。

photo

加えてモーターのシャフトに取り付けた反射型光学ディスクのパターンを赤外線センサーで読み取ることで、正弦波、のこぎり波、矩形波の3種の音声出力に変換している。DCモーターを回して4つの音源とし、1ノブのADSR(エンベロープ)で系統ごと4つのVCAを同時にコントロールしている。

photo

フィルターは、アナログ、マルチモードVCFのほかに、ローパス/バンドパス/ハイパスを含む。また、アルペジエーターや、シーケンサー、ループモードなども搭載。すべてのパラメータ設定は保存でき、MIDIコントロール可能。

photo

大きさは206×288×70mm(つまみ部の高さ含む)で、重さは3.25kg。周波数は5Hz~22kHz。入出力は1/4モノラルジャックで、入力インピーダンスは1MΩ、出力インピーダンスは47Ω。平均消費電力は50Wだ。

photo

早割価格は899ドル(約9万7000円)で、出荷は2019年12月の予定。

Motor Synthは、2019年6月28日までクラウドファンディングを実施中。6月17日時点で、5万ドル(約540万円)の目標額を上回る約26万ドル(約2800万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る