新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」

LCD SLA(光造形)方式の3Dプリンター「Orange 30」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Orange 30は、プレートが下から上に移動しながら出力するボトムアップタイプの光造形方式3Dプリンター。キャンペーン価格229ドルと低価格ながら、2.8インチの2K LCDタッチスクリーンを搭載し高精細な造形ができる。

photo

47.25μmの高精細造形を可能にしているのが、マトリックスUVバックライティングLED技術と2K解像度(2560×1440)のLCD。レイヤーの厚みは20~100μmだ。また独自開発のソフトウェアが、迅速なスライシングとスマートなサポート材設定を提供するとしている。

photo

ボディはメタル製で、効率的な冷却システムデザインで高速造形が可能だ。さらに、温度が高くなりすぎると自動停止してシステムの故障を防ぐ機能を搭載し、本体の長寿命使用に貢献する。最大造形サイズは120×68×170mmで、小型模型やジュエリー、プロトタイプの作製、歯科医向け用途に適している。

photo

本体に加えて独自開発のレジンを各種用意しており、セーフティレポート付き。スタンダードモデルの「STLB(ライトブラウン)」、「STW(ホワイト)」、「STC(クリア)」、「STG(グレー)」、ナイロンライクな工業向け「NLEC(クリア)」、歯科医向け「DMLB(ライトブラウン)」各1Lをオプションで提供する。

photo

Orange 30の予定小売価格は450ドル(約4万8700円)で、今なら数量限定の早割価格229ドル(約2万4800円)で入手できる。250mlのレジン1本が付属する。2019年8月の出荷を予定しており、日本への送料は48ドル(約5190円)だ。

Orange 30は、2019年6月29日までクラウドファンディングを実施中。6月17日時点で、3万ドル(約325万円)の目標額を大きく上回る約11万4000ドル(約1200万円)を集めている。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る