新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ

ソーテック社は、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」を発刊する。

本書は、2017年12月に発刊した「電子部品ごとの制御を学べる!Raspberry Pi 電子工作実践講座」の内容をもとに、OSを最新版に更新し、Raspberry Piの新機種への対応などを行った改訂版だ。

LED、各種スイッチ、モーター、ボリューム、各種センサー、表示用デバイス(7セグメントLEDやキャラクターディスプレイ)など、電子パーツごとのRaspberry Piでの制御方法を学べる内容で、豊富な写真や図解を用いた完全図解で実例を挙げながら解説している。

Raspberry Piの準備と初期設定、Raspbianの基本設定、インタフェースと入出力から始まり、 Linux上でのコマンド操作やテキストファイル編集、パッケージ管理、はんだ付けなどについても解説しているので、初心者や電子工作に躓いた人でも取り組めるものとなっている。

サポートページから、アーカイブで用意されているサンプルプログラムとGPIOリファレンスボードの印刷用PDFファイルなどが、ダウンロードできる。

対応しているRaspberry Piは、 1+/2/3(A+/B/B+)/Zero/Zero W(GPIO 40ピンのRaspberry Pi)となる。

著者は福田和宏氏。B5変形判288ページ、オールカラーで、本体価格は2750円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る