新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ

ソーテック社は、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」を発刊する。

本書は、2017年12月に発刊した「電子部品ごとの制御を学べる!Raspberry Pi 電子工作実践講座」の内容をもとに、OSを最新版に更新し、Raspberry Piの新機種への対応などを行った改訂版だ。

LED、各種スイッチ、モーター、ボリューム、各種センサー、表示用デバイス(7セグメントLEDやキャラクターディスプレイ)など、電子パーツごとのRaspberry Piでの制御方法を学べる内容で、豊富な写真や図解を用いた完全図解で実例を挙げながら解説している。

Raspberry Piの準備と初期設定、Raspbianの基本設定、インタフェースと入出力から始まり、 Linux上でのコマンド操作やテキストファイル編集、パッケージ管理、はんだ付けなどについても解説しているので、初心者や電子工作に躓いた人でも取り組めるものとなっている。

サポートページから、アーカイブで用意されているサンプルプログラムとGPIOリファレンスボードの印刷用PDFファイルなどが、ダウンロードできる。

対応しているRaspberry Piは、 1+/2/3(A+/B/B+)/Zero/Zero W(GPIO 40ピンのRaspberry Pi)となる。

著者は福田和宏氏。B5変形判288ページ、オールカラーで、本体価格は2750円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る