新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インスタリム、3Dプリント義足事業をフィリピンにて開始

低価格3Dプリント義肢装具を開発するインスタリムは、慶應イノベーション・イニシアティブおよびディープコアへの第三者割当増資による総額8400万円の資金調達を実施、3Dプリント義足事業をフィリピンにて開始した。

インスタリムによると、従来の義足製作は1本あたり30~100万円と高価で、納期も2~3週間程度必要だった。同社は義肢装具製作専用の3Dプリンターや独自アルゴリズムによる3Dモデリングなどを含む義肢装具のカスタム量産ソリューションを開発。従来の約10分の1のコストと納期の短縮を実現した。

同社はこれまでフィリピン大学総合病院と共同で、フィリピンで3Dプリント膝下義足の実証実験を行ってきた。被験者50名に対する実生活試用などのテストを実施すると共に、製造プロセスを検証し製品化準備を整えた。

実証実験の結果を受けて同社では、2019年5月より同国マニラ首都圏のオフィスにて、3Dプリント膝下義足事業を開始した。今回の資金調達で、現地法人を通じた同事業の販売活動を本格化すると共に、3Dプリント大腿義足などの新たな製品の研究開発を推進するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る