新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」

タブレットやPC不要でプログラミング学習ができるロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか9時間で目標額の調達に成功している。

photo

Mojobotは、ソフトウェアを書くコーディングではなく、プログラミングタグを組み合わせてコーディングできるプログラミング学習ツールだ。進む、光るといった機能が書かれたタグを並べていくだけで、子どもでも楽しみながら自然とコーディングの知識が身についていく。対象年齢は4歳以上だ。

photo

使い方は簡単で、メインコンソールと呼ぶボードのスロットにコーディングタグをセットして「GO」ボタンを押すと、Bluetooth経由でロボットがタグの定義に従って動作する。スロット数は8つだが、拡張コンソールを接続して、命令を増やすこともできる。

photo

メインの横に直列に接続すればコードの追加、下に並列に接続すればサブルーチンを定義することができる。各スロットにはLEDを配置し、スロットの状態(空き/未完成/完成)や、エラーの有無もわかる。

photo

ロボットにはマイク、スピーカー、赤外線センサー、LEDなどを搭載し、コーディング用タグはそれらの制御に対応する。タグは移動/動作/制御ロジック/センサー入力/サブルーチン/番号の6つのカテゴリーに分かれている。

photo

タグを組み合わせることで、ロボットが専用マップの上を歩いたり、途中でトークンを拾って指定の場所に置いたりすることができる。初心者の学習用にストーリーブックを用意したほか、グループでも遊べるようにカードの指示に従ってミッションをクリアしていくゲームも用意している。

photo

価格はベーシックセットが1020香港ドル(約1万4100円)で、拡張ボードなどを追加したコンプリートセットが1492香港ドル(約2万700円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料はベーシックセットが260香港ドル(約3600円)、コンプリートセットが370香港ドル(約5100円)だ。

photo

Mojobotは、2019年7月5日までクラウドファンディングを実施中。6月20日時点で、目標額7万8000香港ドル(約108万円)を上回る、約14万7000香港ドル(約204万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  4. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  5. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発
  9. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  10. PSoCで電子回路を集積してみよう——CQ出版、サイプレスのPSoCを搭載する「トラ技電子回路クリエイタ「TSoC」コンプリート・キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る