新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソナス、省電力マルチホップ無線「UNISONet」にサブギガ対応版2タイプ提供開始

東大発無線ベンチャーのソナスは、IoT向けマルチホップ型省電力無線通信規格「UNISONet」のサブギガ(920MHz帯)対応版として、「UN Leap」と「UN Metro」の2タイプを2019年6月20日にサンプル提供を開始する。

UNISONetは、「同時送信フラッディング」という技術を用いて同社が独自開発した、安定性や省電力性、双方向低遅延、時刻同期などの特性を持つ無線通信規格だ。従来は2.4GHz帯で提供してきたが、920MHz帯を使用することで、通信距離が長く他の無線の干渉を受けにくい同帯域の特徴を生かしたサービスを提供する。

photo

通信速度等の性能を重視し、干渉する電波が少なく直進距離が長い920MHz帯の特性を生かして通信エリアを拡大できる「UN Leap」と、通信距離を重視し、少ない中継ノードで広域ネットワークの構築が可能な「UN Metro」の2タイプを用意する。

1ホップ距離はUN Leapが2kmまで、UN Metroが5kmまでで、スループットはUN Leapが毎秒2KB、UN Metroは検証中だ。時刻同期精度はいずれも100μ秒だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る