新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTで喫煙を検知——ニーリー、IoTを活用したタバコの喫煙検知に関する実証実験を実施

ニーリーは、IoT開発体制の強化と禁煙場所におけるタバコの喫煙検知を目的とし、山口大学工学部電気電子工学科(中島翔太氏)の協力の下、熱画像の解析技術を用いてタバコの喫煙検知に関する実証実験を実施した。

今回の実証実験では熱画像の解析技術を用いて、自動車内でのタバコの喫煙検知を可能にした。

車内のバックミラー上部に、遠赤外線用の小型カメラを設置。取得された熱情報の中から、熱画像の解析技術によってタバコ先端部の熱とその他を分類し、検知した。

実験開始日時は2019年2月上旬、5人乗り乗用車を対象として実施。水平方向と垂直方向それぞれにおいて検知範囲を3等分し、3列ずつの計27点をタバコ、およびニクロムライターを用いて測定した。

熱画像解析の結果、全測定点において喫煙時のタバコとそれ以外の熱源との分離が可能と判明。また、ニクロムライターをセンサー方向に向けた場合でも外気と区別でき、電子タバコや喫煙前のライター検知などに応用できるという結果を得た。

同社はこれまで主流だった煙や匂いによる検知では、窓の開閉やその他の異臭といった外部環境の条件によって誤検知が起きやすく、実用化のハードルが高かったとしており、今回の技術を用いることで実用化のハードルが下がったと考察している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る