新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始

CambrianRoboticsは、IoTショールーム「+Style」を通じて、「オーダーメイドPoCキット」シリーズの販売を開始した。

同キットは「クラウド化された電子部品の提供」をコンセプトとしたものだ。 電子部品+obniz board+評価用Webアプリケーションという組み合わせで提供され、ネットワーク接続の設定を完了すれば、数分でクラウド上から部品を操作可能になる。

例えば温度センサーセットであれば、温度をリアルタイムに計測してグラフ化が可能だ。複数セットを用意することで、複数箇所の温度をワイヤレスで計測し、一つのグラフとして統合できる。

また、RS232モジュールセットであれば、有線で接続していたRS232のシリアル通信をアプリで無線化できる。クラウド上の通信アプリでコマンドを送受信できるため、遠隔からコマンドの監視も可能だ。

電子部品はサーボモーターやカメラモジュール、LEDセット(単色/フルカラー/ドットマトリクス/7セグメントなど)、ステッピングモーターやポテンショメーターなど、リリース段階で50種類をラインアップ。年内に500種類を目途に増加予定としている。

1セットあたりの価格は2万円から3万円(全て税抜)。「何をしたいのか」という用途で部品を選択できることが強みだ。

「obniz」は電子部品をクラウド化できるIoTプラットフォームだ。エッジコンピューターの概念がないため、電気回路的に動作可能であればエッジソフトウェアの開発は不要でクラウドから操作できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る