新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始

CambrianRoboticsは、IoTショールーム「+Style」を通じて、「オーダーメイドPoCキット」シリーズの販売を開始した。

同キットは「クラウド化された電子部品の提供」をコンセプトとしたものだ。 電子部品+obniz board+評価用Webアプリケーションという組み合わせで提供され、ネットワーク接続の設定を完了すれば、数分でクラウド上から部品を操作可能になる。

例えば温度センサーセットであれば、温度をリアルタイムに計測してグラフ化が可能だ。複数セットを用意することで、複数箇所の温度をワイヤレスで計測し、一つのグラフとして統合できる。

また、RS232モジュールセットであれば、有線で接続していたRS232のシリアル通信をアプリで無線化できる。クラウド上の通信アプリでコマンドを送受信できるため、遠隔からコマンドの監視も可能だ。

電子部品はサーボモーターやカメラモジュール、LEDセット(単色/フルカラー/ドットマトリクス/7セグメントなど)、ステッピングモーターやポテンショメーターなど、リリース段階で50種類をラインアップ。年内に500種類を目途に増加予定としている。

1セットあたりの価格は2万円から3万円(全て税抜)。「何をしたいのか」という用途で部品を選択できることが強みだ。

「obniz」は電子部品をクラウド化できるIoTプラットフォームだ。エッジコンピューターの概念がないため、電気回路的に動作可能であればエッジソフトウェアの開発は不要でクラウドから操作できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る