新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、電力線通信に向けたG3-PLCチップセット用開発ツールセットを発表

STマイクロエレクトロニクスは2019年7月12日、電力線通信(PLC)用の新しい開発ツールセットを発表した。

本ツールセットは、ST8500/STLD1チップセット(PLCモデムSoC ST8500、デュアルラインドライバー STLD1)をベースにした開発キット「EVALKITST8500-1」を含み、これによりスマート機器のネットワークへの接続が可能になる。PLCアプリケーションの構築と動作に必要なハードウェア/ソフトウェアを構成することで、ターンキー電力線ネットワークの開発期間を短縮するのが狙いだ。

さらに、最大500kHzの周波数帯域に対応したG3-PLC通信用の認証済みプロトコルスタックに加え、IPv6による拡張可能なネットワークを実現する6LowPAN適応層、PANコーディネーターとデバイスノード用のシングルモデムプロトコルエンジン/リアルタイムエンジンのファームウェアイメージなどを搭載している。

自己適応型のメッシュネットワークにも対応し、電気ノイズの多い環境でも使用できる。256bitキー対応のAES暗号化エンジンを採用し、セキュリティも強化されている。

また、ST8500/STLD1チップセット向けに、STM32をベースとしたオープンソースのファームウェアフレームワークを搭載。サンプルアプリとしてLEDの遠隔制御、RTCの設定、ノード間でのPING/文字データの送信などを用意している。

この開発ツールセットは、STのWebサイトから無償でダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る