新しいものづくりがわかるメディア

RSS


80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」

80年代に流行したポータブルカセットプレーヤーそのままのスタイルながら、Bluetooth 5.0に対応したポータブルカセットプレーヤー「IT'S OK」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

IT'S OKは、見た目や操作は昔ながらのカセットプレーヤーと同じ。3.5mmイヤホンジャックも付いているが、最新のBluetooth5.0を搭載しているのが大きな特徴だ。ワイヤレスオーディオプレーヤーとしてヘッドホンで聴いたり、スピーカーにつないで仲間と音楽をシェアできる。

photo

前面パネルは透明で、本体の色は、Cloud(ホワイト)/Sakura(ピンク)/Evening(ネイビー)の3色を用意。デザインは80年代のカセットプレーヤーにインスパイアされたといい、音楽再生時にテープがゆっくりと回る様子が見えるなど、デジタルオーディオにはない温かみとノスタルジックな体験を楽しむことができる。

photo

大きさは118×84×33.5mmで、重さは約152g(電池除く)。マイク入力を備えており、付属のテープで60分まで音声録音も可能。再生/早送り/巻き戻し/停止/録音ボタンがあり、テープが最後まで進むと自動停止する。単3電池2本が必要だ。

photo

特別価格は588香港ドル(約8200円)。出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は75香港ドル(約1000円)だ。

photo

IT'S OKは、2019年8月6日までクラウドファンディングを実施中。7月17日時点で、10万香港ドル(約139万円)の目標額を大きく上回る約55万香港ドル(約760万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  5. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  6. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  7. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  8. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開
  9. あなたの「#家ラボ」見せてください!
  10. ロボットを利用したリハビリテーションについて学べるセミナーから、Arduinoを使った電子工作ワークショップまで(5月27日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る