新しいものづくりがわかるメディア

RSS


KLM、翼の下に座席を配置したV字型飛行機「Flying-V」の開発を発表

Image: Edwin Wallet, Studio OSO

KLMオランダ航空は2019年6月2日、オランダのデルフト工科大学と協力して、将来の長距離飛行に向けた新しい航空機「Flying-V」を開発すると発表した。客室、貨物室、燃料タンクを翼の中に格納するという斬新なデザインで、上から見るとVの字になっているのが特徴だ。既存の航空機と比べて燃費が向上することが期待される。

Flying-Vの翼長は65mで、長さ55m、高さ17m。Airbus A350と翼長は同じで、長さは短い。そのため、見た目は既存の航空機とかなり異なるが、既存のゲートや滑走路、格納庫などはそのまま使用できるという。座席数(標準314席)と積載量(160立方メートル)もA350と同等ながら、空気力学を取り入れた形状と軽量化により、空気抵抗が低減、20%の燃費向上が期待できる。

ターボファンエンジンを2基搭載。現在はジェット燃料を使用しているが、将来のエミッションフリー化に向けて、ジェット燃料を電気に置き換えることも考えている。

機体の軽量化や効率化だけでなく、乗客にとっては機内の快適性も重要だ。座席レイアウトから化粧室のデザインにいたるまで、開発者にとってもこれまでにない設計が求められる。

Flying-Vのスケールモデルと実物大の内部模型が、2019年10月のKLM100周年のイベントにあわせ、アムステルダム・スキポール空港で披露される予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る