新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」

光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

radiatorは、ミュージックシンセサイザーのコンセプトをビジュアルアートに取り入れた、ミュージシャンなどのアーティスト向けデバイス。音楽ライブ会場の演出、レーザーショーなどでの使用を目的としている。

photo

radiatorは、オーディオ、MIDI、CV(Control Voltage)入力を、音ではなくレーザーの放つ鮮やかな光に変えることができる。クリエイターによれば、レーザーシンセサイザーは「耳以外に向けて音楽を奏でる楽器」とのこと。

photo

radiatorは、ミュージックシンセサイザーに似た構成になっており、サイン、コサイン、リサージュパターンなどの図形を発生させる「シェイプジェネレーター」、ビームに色付けする「カラージェネレーター」、2次元図形を3次元に変える「トランスフォーマー」、イメージを様々な方法で繰り返す「クローン」、図形の拡大/縮小、反転、回転などを行う「モジュレーター」、サイズや輝度の調整を行う「マスター」の6つのモジュールから成る。

photo

radiatorによるレーザーショーには、コンピューター等は不要で、標準的なILDAコネクターのあるレーザープロジェクターならどれでも使える。大きさも約38×23cmとポータブルで、持ち運びも容易だ。

photo

radiatorのKickstarter価格は、749カナダドル(約6万2000円)。出荷は2020年3月の予定で、日本への送料は90カナダドル(約7500円)だ。

radiatorは8万カナダドル(約660万円)を目標に、2019年8月9日までクラウドファンディングを実施する。2019年7月22日時点で約9万5000カナダドル(約790万円)を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る