新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」

光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

radiatorは、ミュージックシンセサイザーのコンセプトをビジュアルアートに取り入れた、ミュージシャンなどのアーティスト向けデバイス。音楽ライブ会場の演出、レーザーショーなどでの使用を目的としている。

photo

radiatorは、オーディオ、MIDI、CV(Control Voltage)入力を、音ではなくレーザーの放つ鮮やかな光に変えることができる。クリエイターによれば、レーザーシンセサイザーは「耳以外に向けて音楽を奏でる楽器」とのこと。

photo

radiatorは、ミュージックシンセサイザーに似た構成になっており、サイン、コサイン、リサージュパターンなどの図形を発生させる「シェイプジェネレーター」、ビームに色付けする「カラージェネレーター」、2次元図形を3次元に変える「トランスフォーマー」、イメージを様々な方法で繰り返す「クローン」、図形の拡大/縮小、反転、回転などを行う「モジュレーター」、サイズや輝度の調整を行う「マスター」の6つのモジュールから成る。

photo

radiatorによるレーザーショーには、コンピューター等は不要で、標準的なILDAコネクターのあるレーザープロジェクターならどれでも使える。大きさも約38×23cmとポータブルで、持ち運びも容易だ。

photo

radiatorのKickstarter価格は、749カナダドル(約6万2000円)。出荷は2020年3月の予定で、日本への送料は90カナダドル(約7500円)だ。

radiatorは8万カナダドル(約660万円)を目標に、2019年8月9日までクラウドファンディングを実施する。2019年7月22日時点で約9万5000カナダドル(約790万円)を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る