新しいものづくりがわかるメディア

RSS


一人ひとりの足にあったインソールを——AIと3Dプリンターを使ったオーダーメイドインソール「HOCO」

AIによる写真解析と3Dプリンターによって、低コストでカスタムオーダーできるインソール「HOCO」が、クラウドファンディングサービス「READYFOR」で資金を募っている。

photo

HOCOは、自宅や病院で足の写真を撮るだけで、AIによる写真解析と3Dプリンターを利用することで、硬く機能性のあるオーダーメイドインソールを提供するサービス。開発元は、予防医療で痛みのない社会をつくることを目指すジャパンヘルスケアだ。

photo

機能的なオーダーメイドインソールは、足のゆがみを補正することから、足トラブルの予防にも効果的と言われている。足も一人ひとり異なることから、インソールは骨格を矯正できる硬い素材を使ってオーダーメイドで作るのが効果的とされているが、現在医療用の硬いインソールを処方できる医療機関は少ない。

photo

一般的な制作費用は4~5万円とのことだが、HOCOでは、ユーザーがスマートフォンで足の写真を撮るだけで、AIが写真を解析して、3Dプリンターを使って型となるシェルを造形、その上にドイツ製のクッションと日本製の和紙でできたトップカバーを貼るため、硬く機能性のあるカスタムインソールが、製作費1万円程度で実現できるという。

photo

プロジェクトの目標金額は300万円に設定されており、募集期間は2019年7月22日~9月20日。インソールのプロトタイプを製作する資金と、初期製作のインソールを着用するユーザー200人を募集する。

支援額1万9800円でオーダーメイドインソール1足、「あしのこと」BOOK、お礼のメール、支援額9800円で医師によるLINE診断チケットとお礼のメールなどのリターンが用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る