新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットを動かしてグラフを描こう——数式入力でグラフを描画する学習用ロボット「ナノローバー」

ヴイストンは、専用ソフトに数式を入力すると床面にグラフを描画する学習用ロボット「ナノローバー」を発売する。

photo

ナノローバーは、描画用のペンを上下させる機能を備えた図形描画できる2輪走行ロボットだ。元々は浜学園グループが運営し、数学の抽象的な概念を具体的なロボットの動きなどを通じて理解を深めることができる「ロボット数学教室」向けの学習用ロボットとして開発された。

photo

専用ソフトウェア「nanoRoverMath」に数式を直接入力することで、ノンプログラミングでそのままグラフとして紙面に描画することができる。また、同ソフトウェア上で速度や加速度、移動距離などを指定した上で、動作開始ボタンを押下することで動作させることもできる。

nanoRoverMathによるグラフ描画の他に、「Arduino IDE」によるプログラミングや、ROSデバイスとしての制御にも対応。PCなどからの無線操縦ができるようになるサンプルソースも付属する。

photo

高精度のエンコーダー付きギヤードモーターを搭載し、精密なモーター制御によって安定した描画が可能になるという。また本体前面にはフルカラーLEDを搭載し、ロボットの動作状態を表示したり、プログラミングによって発光状態を制御したりすることもできる。

サイズは66×69×95mmで重量が約169g(電池搭載時)、2つの車輪とペンの上下機構部に駆動モーターを備える。

電源は単3アルカリ乾電池×2本、または単3Ni-MH充電池×2本となる。本体の他に描画用サインペンとmicroUSBケーブルが付属し、価格は4万円(税別)だ。同社ECサイトなどで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る