新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTをやってみよう——手軽にIoTを試せる「IoTスターターキット」

石川コンピュータ・センターが、電源/配線不要の無線通信技術「EnOcean」を利用したセンサーと、IoTゲートウェイ、通信回線、クラウドサービスをセットにした「IoTスターターキット」の提供を開始した。

同社によると、同社が提供するIoTソリューションを利用する顧客から「IoTに取り組みたいが何を準備すべきか、何をしなければならないのか分からない」といった課題が聞かれたという。また、中小企業では専任担当を置けなかったり、IoTに対する投資に踏み切れないところも多いという課題もある。

そこで、手軽にIoTを体験し具体的な利活用イメージを持てるようにするために、今回IoTスターターキットの提供を開始した。

photo

センサーはEnOceanを利用しているため、電源や配線が不要。標準の温湿度センサーに、温湿度、ドア開閉、人感、CO2、光学センサーの中から最大4台まで組み合わせることができる。IoTゲートウェイにはRaspberry Pi 3を使用し、センサー用の受信機が付属しているため電源を入れるだけでクラウドサービスに接続可能できる。クラウドサービスはダッシュボード機能に加えて、デバイス管理や通知設定、データダウンロード機能を備えている。

必要な機材は月額2万円からのレンタルで、すべて必要な設定を行った上で届くため、手軽にIoTを開始できるという。

同社では、高齢者の見守りや会議室などの利用状況、環境モニタリング、設備の遠隔監視などをはじめとするさまざまな利用用途を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る