新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTをやってみよう——手軽にIoTを試せる「IoTスターターキット」

石川コンピュータ・センターが、電源/配線不要の無線通信技術「EnOcean」を利用したセンサーと、IoTゲートウェイ、通信回線、クラウドサービスをセットにした「IoTスターターキット」の提供を開始した。

同社によると、同社が提供するIoTソリューションを利用する顧客から「IoTに取り組みたいが何を準備すべきか、何をしなければならないのか分からない」といった課題が聞かれたという。また、中小企業では専任担当を置けなかったり、IoTに対する投資に踏み切れないところも多いという課題もある。

そこで、手軽にIoTを体験し具体的な利活用イメージを持てるようにするために、今回IoTスターターキットの提供を開始した。

photo

センサーはEnOceanを利用しているため、電源や配線が不要。標準の温湿度センサーに、温湿度、ドア開閉、人感、CO2、光学センサーの中から最大4台まで組み合わせることができる。IoTゲートウェイにはRaspberry Pi 3を使用し、センサー用の受信機が付属しているため電源を入れるだけでクラウドサービスに接続可能できる。クラウドサービスはダッシュボード機能に加えて、デバイス管理や通知設定、データダウンロード機能を備えている。

必要な機材は月額2万円からのレンタルで、すべて必要な設定を行った上で届くため、手軽にIoTを開始できるという。

同社では、高齢者の見守りや会議室などの利用状況、環境モニタリング、設備の遠隔監視などをはじめとするさまざまな利用用途を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る