新しいものづくりがわかるメディア

RSS


A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ

理想科学工業は、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」を2019年9月17日から世界各国で発売する。

MiScreen a4は最大製版サイズ210×300mmのマスターが製版できる、卓上サイズの小型デジタルスクリーン製版機だ。

サーマルヘッドでマスターに穿孔するデジタル製版方式を採用。乳剤版とは違い、薬品や水を用いずにスクリーン製版ができるため、洗浄工程がなく排水を生じない。消費樹脂量も少なく、露光や乾燥などの工程も不要なので消費電力も節約できる。

使いやすさにも配慮されており、枠張りしたマスターを本体にセットし、パソコンと接続して原稿データを送るだけでスクリーン印刷用の版を作成できる。

本体サイズは395×110×89mm、重さは約2.9kgとコンパクトで持ち運びも可能。製版にかかる時間は約35秒で、スピーディーに印刷作業に取り掛かれる点も強みだ。

参考価格は24万8000円(税別)。今後はクリエイターが集まるものづくりスペース、多機能型書店、DIYスペース、アート系の教室などに向け、スクリーン印刷市場の裾野を広げる一方で、世界各国で開催されるイベントにも順次出展予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る